東 道のきのくに花街道

ariskiga.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

高野女人道を歩く

 KIGA歴史街道歩こう会、第2回目は7月2日(木)、高野女人道ウオークです。昨日は大雨風、明日からまた雨というの予報のなか、梅雨の晴れ間の古道を34名が元気に歩くことができました。 橋本駅に8時58分集合、南海電鉄でごくらく橋まで乗り、さらにケーブルに乗りかえて高野山上へ。高野山口からバスで女人堂前まで乗りここから歩きます。
 かつて高野山は女人禁制でした。山内の堂塔伽藍を一目見たいという信仰深い女性たちのために、この女人堂と女人道が作られました。
 高野山の開祖の空海(弘法大師)は、母が住んだ慈尊院から高野山まで月のうち9回は通ったといわれ、九度山の地名の由来となっています。
 また。はるばる父を訪ねてきたものの、母は山内に入れず病に倒れ、再会した父は僧のため親子の名乗りができなかった石堂丸の話が山内の刈萱堂に伝わっています。
 滝口入道を慕って天野の里に住んだ横笛の話や西行の妻と娘の話など、高野山には女人禁制ゆえの秘話が数多く伝わっています。
 
b0326483_11230519.jpg

 女人道の標識がありました。道が狭く、草が生い茂っています。思ったより急な斜面です。
b0326483_11230940.jpg

b0326483_11231251.jpg

b0326483_11232703.jpg
 この花はカンゾウ?・・・ヤブカンゾウと混同されることが多いのですが、薬用のカンゾウ(甘草)はリウマチ熱、蕁麻疹、気管支ぜんそくなどのアレルギー疾患に応用されます。扁桃炎、咽頭炎、口内炎には3~5%の水溶液でうがいすると良いそうです、または葉をよく噛み唾液と一緒に飲むのが効果的とのことです。(「薬草図鑑(家の光協会」))より。
b0326483_11232909.jpg


 急な上り坂を歩くこと0,9km、弁天岳へ着きました。標高994、5mです。ここから下りの道には赤い鳥居が並んでいます。
b0326483_11232426.jpg
 和泉山脈の山々を望む雄大な眺めです。今日はちょっと曇り空ですが。
b0326483_11592734.jpg
 大門に近くなりました。歩きやすい道です。
b0326483_11234646.jpg


[PR]
by kigaaris | 2015-07-04 12:17 | KIGA歴史街道歩こう会 | Comments(0)