東 道のきのくに花街道

ariskiga.exblog.jp
ブログトップ

2014年 03月 04日 ( 4 )

ウオーク万葉2013 日本の植物の宝庫

 弥惣兵衛の記念碑から新亀池へ抜ける雑木林の中は、日本の植物の宝庫のような樹木が生いしげる小道が続いています。そこはまるで異次元のような空間です。この日の参加者たちはしばし、タイムスリップした気持ちで歩きました。
b0326483_01310149.jpg

[PR]
by kigaaris | 2014-03-04 00:28 | 海南・万葉の会 | Comments(0)

ウオーク万葉2013 亀池の畔に立つ井澤弥惣兵衛の記念碑

 亀池の中ほど北側の土手に、井澤弥惣兵衛の記念碑が建っています。海南市溝の口に生まれた弥惣兵衛為永は子どもの頃から文武両道にたけていたそうです。武術は「黒沢山の天狗に教わった」と自ら語ったとか。将軍吉宗とともに江戸に赴き、関東平野や飯沼、見沼の河川を強化し、農地開拓をなしとげ、江戸幕府の享保の飢饉を救った人物、井澤弥惣兵衛は実は海南市出身であることは地元ではあまり知られていないようです。
b0326483_01305891.jpg

[PR]
by kigaaris | 2014-03-04 00:18 | 海南・万葉の会 | Comments(0)

ウオーク万葉2013 亀池の景観

人工の池と言っても川の水源から水路、地盤まで計算しつくしてできたものだそうです。
b0326483_01310302.jpg

[PR]
by kigaaris | 2014-03-04 00:09 | 海南・万葉の会 | Comments(0)

ウオーク万葉2013 晩秋の亀池

 万葉の丘の裏山の小道を抜け右折、しばらく歩くと巽小学校と中学校の校舎が目にはいります。校舎の手前を左に入ると亀池にでます。春は桜の名所として知られる大きな池ですが、ここは実は人工の灌漑用の池なのです。江戸時代、徳川吉宗の命により井澤弥惣兵衛と大畑才蔵らによって築造されました。その後、大きな地震や津波がきても、この池はまだ一度も決壊していません。何よりも景色の美しさに魅かれてしまいます
b0326483_01305579.jpg


[PR]
by kigaaris | 2014-03-04 00:02 | 海南・万葉の会 | Comments(0)