人気ブログランキング |

東 道のきのくに花街道

ariskiga.exblog.jp
ブログトップ

奈良・万葉の旅/明日香の里へ


b0326483_20422060.jpg
「万葉は青春の命」-犬養孝先生の筆です。令和元年5月19日、犬養万葉記念館へ。記念館の前に先生の石碑があります。

b0326483_20415869.jpg
 午前11時から商工会館で「全国万葉協会」の総会があり、参加しました。海南・万葉会では秋に「熊野古道・万葉ウオークと公演 徐福」を予定しており、この日はチラシを持参し、PRもさせて頂きました。
 午後から万葉ハイクがあり、晴天のもと、「飛鳥宮から飛鳥寺、甘樫丘へ」歩きました。三年前から毎年参加しています。万葉人の気分になって、楽しいウオークでした。
 


b0326483_20422235.jpg
 記念館の前の路地。商工会館から徒歩5分の所にあります。


b0326483_21195376.jpg
 日本の伝統の雰囲気を今に伝える建物です。

b0326483_20422483.jpg
 記念館の入口

b0326483_20421715.jpg
 中に入ると万葉美人がいました。館長の岡本三千代さんです。一緒に記念写真を撮っていただきました。

b0326483_20422880.jpg
 
 午後からウオークです。私たちは飛鳥宮跡から飛鳥寺、甘樫丘へと歩きました。岡地区の児童公園から明日香村役場の屋上の展望所に上がると、明日香村を見渡す景色を見晴らすことができます。
 役場の東側の駐車場に、飛鳥浄御原宮のエビノコ大殿大殿と、エビノコ郭があり、南側に7世紀後半の朝堂院があったそうです。(全国万葉協会、以下は資料より)

b0326483_21380033.jpg
 万葉歌碑があります。
 「采女の 袖吹き返す 明日香風 都を遠み いたづらに吹く」志貴皇子(巻1-51)
 

b0326483_21380309.jpg
 伝飛鳥板葺宮跡の説明板があります。

b0326483_21380560.jpg
  飛鳥宮跡。遺構下層(Ⅰ期)は飛鳥岡本宮、中層(Ⅱ基)には飛鳥板葺宮、上層(Ⅲ期A)後飛鳥岡本宮、(Ⅲ期B)飛鳥浄御原宮が、重層して建てられたそうです。『日本書記』に「舒明天皇2年(630)、天皇、岡本宮の傍に遷りたまふ、是を岡本宮といふ」との記載があります。皇極、斉明、天武天皇の時代に飛鳥宮で即帝位されました。

b0326483_21380734.jpg
 茅(ちがや)の穂 

b0326483_21381278.jpg
 のどかな飛鳥路を歩きます。

b0326483_21190730.jpg
 レンゲ畑が広がっています。

b0326483_23401944.jpg
 畑の向こうに飛鳥寺が見えています。

b0326483_21191094.jpg
 飛鳥寺

b0326483_21382696.jpg

 飛鳥寺の西門を出ると、お花畑が広がっています。宝筐院塔が一基みえています。
b0326483_21382184.jpg

 蘇我入鹿の首塚と伝わる塔です。

b0326483_21192119.jpg

 飛鳥寺の西に見える甘樫丘に登りました。山頂から四方を見晴らせます。香具山。

b0326483_21194679.jpg
 飛鳥村の景観。

b0326483_21191817.jpg
 耳成山 

b0326483_00030579.jpg

 後方右に葛城山(959m)。左に金剛山(1125m)。


by kigaaris | 2019-05-21 00:21 | 万葉・歴史めぐり | Comments(0)