東 道のきのくに花街道

ariskiga.exblog.jp
ブログトップ

奈良・西大寺~佐紀路~平城京を歩くー2

 今年の急激な寒暖の差にもめげずに梅の花が咲いています。自然林と古墳のたたずまいが調和したおだやかな景観の中、入り組んだ路地に入ります。
b0326483_21501596.jpg
 日葉酢媛命陵(ひばすひめのみことのみささぎ)へむかいます。
b0326483_11144981.jpg
 日葉酢媛命陵です。日葉酢媛は第11代垂仁天皇の皇后です。垂仁天皇の先の皇后・狭稲媛が亡くなられたのち、丹波国から後宮として迎えられました。景行天皇の母ぎみ。
 『日本書記』によれば垂仁天皇32年に日葉酢媛が崩じた時、野見宿祢(のみのすくね=相撲の祖)の進言により、それまでの生きた人間の代わりに人や馬にに見立てた埴輪が埋葬されるようになりました。
b0326483_21502266.jpg
 日葉酢媛命陵で昼食をとり成務天皇陵へ。成務天皇陵は狭城盾列池(さきたてなみいけ)後陵との表示がありました。陵が縦に並んでいることがその名に由来とか。
b0326483_11145542.jpg
 成務天皇陵です。
b0326483_21502735.jpg

 成務天皇陵をあとにし平城天皇陵へむかいます。道沿いの祠のお地蔵さまはやはりカップルです。
b0326483_21503841.jpg


[PR]
by kigaaris | 2016-03-07 11:59 | KIGA歴史街道歩こう会 | Comments(0)