東 道のきのくに花街道

ariskiga.exblog.jp
ブログトップ

万葉のみち・山の辺のみちー2

 金屋の石仏です。右が釈迦仏で左が弥勒仏だそうです。高さ2、2m 幅約80cmで粘板岩に彫刻されています。彫られた年代は貞観時代か新しくても鎌倉時代で、文化財に指定されています。

b0326483_21414917.jpg

 三輪神社は大神神社とも呼ばれています。山そのものがご神体なので拝殿はありますが本殿はありません。『日本書記』によれば大物主神の后のヤマトトトイリヒメが、昼間、夫の顔を見たことがないので見せてほしいとお願いすると、櫛箱を見るようにと言われたので開けてみると白い小さな蛇が入っていたとの記載があります。
 折口信夫の『古代研究』によれば蛇、熊、雲、鴨の名は新しくやってきた渡来人に敗北した先住部族の人たちにつけられたとの記載があります。倭国ができる初期の時代、文化の違う人たちがこの地で融合するには長い年月がかかったと考えられます。

 今日は正門からではなく横(南側)の門から入りました。
b0326483_21422557.jpg
 巳の神杉とよばれる樹齢400年の大きな杉の木の前に卵が沢山供えられています。ご神体の蛇神さまの好物の卵をそなえる習わしがいつの頃からか始まったようです。
b0326483_23134434.jpg
 三輪神社の境内に狭井神社と久延彦(くえひこ)神社が並んでいます。久延彦神社は知恵の神様として知られています。
b0326483_23215103.jpg
 桧原神社へ向かいます。「くすり道」と書かれた標識を見ながら山裾の道に入ります。紀元前200年ごろの中国の晋の始皇帝の時代、徐福が海の中へ探しにいったという「テンダイユヤク」など薬草の木が並んでいます。テンダイウヤクは小さくて枯れそうでしたが・・・。 
 そろそろお腹がすいてきました。
b0326483_21422915.jpg


[PR]
by kigaaris | 2016-01-18 23:39 | KIGA歴史街道歩こう会 | Comments(0)