東 道のきのくに花街道

ariskiga.exblog.jp
ブログトップ

吉宗を支えた男-(3)

  天狗の答えは「剣ではなく自分にあった方法で民を救うために生きよ」と説く。また「柔よく剛を制す」「水のごとく生きよ」という意味の言葉を為永に残した。
  舞台は変わって藤白峠の登り口、大川拓哉さんの歌「藤白」はオペラ風で心に響く

b0326483_00111273.jpg

 秋のある日、為永は弟と二人で藤白浜の海岸見ようと出かけた。藤白神社の裏山で不思議な女性に出合う。
 やがて成人した弥惣兵衛は紀州藩主徳川光貞から呼び出される。当時、相次ぐ地震や津波で全国的に農地が荒れ、コメの生産高が追い付かず、紀州藩でも米蔵が空になる状況が続いた。紀州藩は河川を強化し、農地の水源を確保する政策を始めたのである。藩内各地から優秀な土木技術者たちが呼び出された。大畑才蔵もまた高野口で河川の強化にとりくみその才能を発揮していた。まもなく才蔵と弥惣兵衛の出合いがあり、ここに紀州流土木工法が確立されることになる。
b0326483_00111479.jpg


 紀州御殿では奥女中たちの噂話に花が咲く。次の将軍は誰になるかとの噂でもちきりだった。KCMの若手女優たちのコミカルな踊りが楽しい。でも舞台裏では彼女たちの二役、三役のための着替えが結構大変なのです。

b0326483_00113248.jpg

 
[PR]
by kigaaris | 2014-03-15 00:26 | ミュージカル“井澤弥惣兵衛” | Comments(0)