人気ブログランキング |

東 道のきのくに花街道

ariskiga.exblog.jp
ブログトップ

奈良・万葉の旅/明日香の里へ


b0326483_20422060.jpg
「万葉は青春の命」-犬養孝先生の筆です。令和元年5月19日、犬養万葉記念館へ。記念館の前に先生の石碑があります。

b0326483_20415869.jpg
 午前11時から商工会館で「全国万葉協会」の総会があり、参加しました。海南・万葉会では秋に「熊野古道・万葉ウオークと公演 徐福」を予定しており、この日はチラシを持参し、PRもさせて頂きました。
 午後から万葉ハイクがあり、晴天のもと、「飛鳥宮から飛鳥寺、甘樫丘へ」歩きました。三年前から毎年参加しています。万葉人の気分になって、楽しいウオークでした。
 


b0326483_20422235.jpg
 記念館の前の路地。商工会館から徒歩5分の所にあります。


b0326483_21195376.jpg
 日本の伝統の雰囲気を今に伝える建物です。

b0326483_20422483.jpg
 記念館の入口

b0326483_20421715.jpg
 中に入ると万葉美人がいました。館長の岡本三千代さんです。一緒に記念写真を撮っていただきました。

b0326483_20422880.jpg
 
 午後からウオークです。私たちは飛鳥宮跡から飛鳥寺、甘樫丘へと歩きました。岡地区の児童公園から明日香村役場の屋上の展望所に上がると、明日香村を見渡す景色を見晴らすことができます。
 役場の東側の駐車場に、飛鳥浄御原宮のエビノコ大殿大殿と、エビノコ郭があり、南側に7世紀後半の朝堂院があったそうです。(全国万葉協会、以下は資料より)

b0326483_21380033.jpg
 万葉歌碑があります。
 「采女の 袖吹き返す 明日香風 都を遠み いたづらに吹く」志貴皇子(巻1-51)
 

b0326483_21380309.jpg
 伝飛鳥板葺宮跡の説明板があります。

b0326483_21380560.jpg
  飛鳥宮跡。遺構下層(Ⅰ期)は飛鳥岡本宮、中層(Ⅱ基)には飛鳥板葺宮、上層(Ⅲ期A)後飛鳥岡本宮、(Ⅲ期B)飛鳥浄御原宮が、重層して建てられたそうです。『日本書記』に「舒明天皇2年(630)、天皇、岡本宮の傍に遷りたまふ、是を岡本宮といふ」との記載があります。皇極、斉明、天武天皇の時代に飛鳥宮で即帝位されました。

b0326483_21380734.jpg
 茅(ちがや)の穂 

b0326483_21381278.jpg
 のどかな飛鳥路を歩きます。

b0326483_21190730.jpg
 レンゲ畑が広がっています。

b0326483_23401944.jpg
 畑の向こうに飛鳥寺が見えています。

b0326483_21191094.jpg
 飛鳥寺

b0326483_21382696.jpg

 飛鳥寺の西門を出ると、お花畑が広がっています。宝筐院塔が一基みえています。
b0326483_21382184.jpg

 蘇我入鹿の首塚と伝わる塔です。

b0326483_21192119.jpg

 飛鳥寺の西に見える甘樫丘に登りました。山頂から四方を見晴らせます。香具山。

b0326483_21194679.jpg
 飛鳥村の景観。

b0326483_21191817.jpg
 耳成山 

b0326483_00030579.jpg

 後方右に葛城山(959m)。左に金剛山(1125m)。


# by kigaaris | 2019-05-21 00:21 | 万葉・歴史めぐり | Comments(0)

劇団KCM・佳奈ちゃんの結婚披露パーティ

b0326483_22524709.jpg
 4月21日午後1時30分。ハートマークの風船があります。

b0326483_22531991.jpg
 ここは和歌山市三木町のレストランDUNE。

b0326483_22523993.jpg
 今日は劇団KCMの菊井佳奈ちゃんと井上 聖さんの結婚披露パーティです。

b0326483_22534084.jpg
 新郎新婦が入場し、会場の皆さんにプレゼントを配っています。

b0326483_22534469.jpg
 参加者の要望に応えて、はいポーズ。

b0326483_22534702.jpg
 素敵な笑顔で。
 

b0326483_22535288.jpg
 突然ですが、南上ライダーの登場。

b0326483_22542230.jpg
 望さんと裕ちゃんが、お祝いの歌のプレゼント。

b0326483_22551808.jpg
 可愛いお客さま。パパとママもここでパーティしたんだよ。

b0326483_22553939.jpg
 レアな組み合わせ。

b0326483_22554509.jpg
 南野上公民館のバレエエキササイズチームと、田辺から前田さんが参加。

b0326483_22554226.jpg
 池田さんと錦戸さん、Musical 有間皇子の孝徳帝と小足姫の再会です。

b0326483_22554854.jpg
 望さんと裕ちゃん。

b0326483_22560665.jpg
 劇団員たちも盛り上がっています。

b0326483_22562994.jpg
 劇団員たちが、聖さんと佳奈ちゃんの出会いをミュージカルで観せます。

b0326483_22562380.jpg
 オリジナルのジャンケンゲームで盛り上がる正木さんと鍋島さん。

b0326483_22562552.jpg
 前田さん、勝ち抜いています。ジャンケン強そう!

b0326483_22564478.jpg
 時間がどんどん過ぎていきます。劇団員たちで集合写真を撮りました。

b0326483_22564778.jpg
 新郎新婦と一緒に。佳奈ちゃんと聖さん、人生は山あり谷ありでしょうが、二人で力を合わせて幸せな家庭を築いてください。


# by kigaaris | 2019-04-21 23:44 | ミュージカル“井澤弥惣兵衛” | Comments(0)

第15回「孫市まつり」が盛大に

b0326483_12173220.jpg
 3月31日(日)、前日からの大雨と強風注意報が嘘のような良いお天気となりまた。第15回「孫市まつり」の会場の本願寺鷺森別院では桜の花が満開です。   
 この日のために多くの人たちが準備し、全国各地から訪れます。
b0326483_12174427.jpg
 今年は、私は戦国野外劇「孫市よ!信長十万を撃退せよ!」の演出の、映画監督の中野広之さん、女優の七海薫子さん、旭屋光太郎さん、恒松勇輝さんたちの、裏方スタッフとしてお手伝いさせて頂きました。
 午前7時に家をでて、7時30分鷺森別院へ。8時から10時まで稽古です。
b0326483_12175110.jpg
 信長役に旭屋光太郎さん。
b0326483_12180203.jpg
 孫市役に恒松勇輝さん。剣のベテランです。
b0326483_12181508.jpg
 信長軍の面々。
b0326483_12212249.jpg
 10:30AM和歌山城からスタートした武者行列の人たちが到着しました。
b0326483_12181976.jpg
 まずは雑賀衆
b0326483_12182254.jpg
 薩摩鉄砲隊
b0326483_12182449.jpg
 堺火縄銃保存会 
b0326483_12182664.jpg
 丹波篠山鉄砲隊
b0326483_12182996.jpg
b0326483_12183263.jpg
 根来鉄砲衆
b0326483_12183496.jpg
 コスプレの皆さん
b0326483_12191259.jpg
 太田城士祭
b0326483_12191412.jpg
 正忍記を読む会
b0326483_12193507.jpg
 行列の皆さんの記念撮影です。
b0326483_12194024.jpg
 いよいよ野外劇がはじまります。大勢の観客が集まっています。
b0326483_12193756.jpg
 市長のご挨拶
b0326483_12212575.jpg
 出演者の皆さん
b0326483_12212990.jpg
 中西さんも出演しました。お母さんもスタッフ手伝いして下っています。

# by kigaaris | 2019-04-02 13:02 | 孫市まつり | Comments(0)

お雛祭りの3日、県文大ホールで「念仏踊り」で出場

  3月3日(日)、第13回和歌山県民俗芸能祭が県民文化会館大ホールで開催され、海南市の「亀の川念仏踊り」で出演させていただきました。 
b0326483_21303156.jpg
 この踊りの始まりは南北朝時代に遡ります。南朝方の楠木正行(くすのきまさつら)に加わった河内の武士・佐々木平内兵衛の一族が、正平3年(1348)正月に四条畷の戦いに敗れ、追ってを逃れて現在の次ケ谷にたどり着きました。名を上芝平内と改めて、芝池のほとりに借り屋をたてて隠棲し、戦死者の霊を慰めるために念仏を唱えつつ踊ったのが始まりとされています。
b0326483_21303332.jpg
 南野上地区に嫁いだ女性たちを中心に踊り伝えられ、その後、昭和の末頃に中断していましたが、復興し、地元公民館のサークル活動として稽古するほか、夏休みの「早寝早起き朝ごはん運動」で子供たちが踊りの稽古をしています。

b0326483_21223532.jpg
 三味線と歌に8人名、踊りは大人6名、南野上小学校の子ども6人、卒業生のれいなちゃんも加わり21名の参加となりました。残念ながら本番の写真は撮れませんでした。
b0326483_21302338.jpg
 6年生は大人と同じ紫の着物で踊ります。
b0326483_21230271.jpg
 順番を待つ間に舞台のそでから。紀美野町の「梅中傘踊り」。
b0326483_21230567.jpg
 田辺市の「野中の獅子舞」。野中の一方杉で知られる継桜王子の秋祭の奉納される踊りで、その起源は南北朝時代の大塔宮護長親王が、南朝方の兵を募るための当地にきた時に、地元の郷士たちが味方に加わり、「若一王子権現」の大幡をたてて、その士気を鼓舞し、武運長久を祈るために獅子の芸能を奉納したのが始まりと伝えられています。(パンフレットより)
b0326483_21230805.jpg
 天狗が獅子の背中にのるなど、ユーモラスな動作が特徴で、とても素晴らしい演技です。
# by kigaaris | 2019-03-10 22:07 | 海南無形民俗文化の会 | Comments(0)

劇団KCM2019年3月公演「アリスと不思議の国」が巽小学校で

b0326483_21035255.jpg
 劇団KCMの学校公演が続いています。3月3日(日)巽小学校で。入場無料です。是非、お出かけ下さい。
 劇団員たちは今日も熱心に稽古しています。

 3日はまた、和歌山県主催の「伝統の踊り大会」が県民文化会館であり、南野上公民館のバレエエクササイズ教室と小学校の子ども達が踊ります。春の訪れの前に忙しい毎日です。 
 

b0326483_21064345.jpg
 主役のアリスに仲岡さん。王子さまに和佐くん。頑張っています。

b0326483_21045793.jpg
 チシャ猫の西 さん。ピンク兎に佳奈ちゃん。

b0326483_21051015.jpg
 終わらないお茶会のメンバーたち。和佐くんは眠りネズミ(江川さん)の代役です。

b0326483_21053176.jpg
 池田さん、先生役が板についてきました。

b0326483_21055115.jpg
 アリスシリーズでは初出演の鍋島さん、時間をお金で買える銀行マン。


b0326483_21092827.jpg
 鍋島さん、王様と二役です。

b0326483_21100764.jpg
 今回、2人キャストが入れ替わりました。アリスのお姉さん役に裕ちゃん。池田さんは王様のお妃役と二役です。

b0326483_21065055.jpg
 ダークネス王国の女王の息子役に川田くん。
b0326483_21055584.jpg
 死者の国の入口の亡霊たち。皆さん3役をこなしています。

# by kigaaris | 2019-02-25 21:33 | 劇団KCM | Comments(0)

KCM「Musical ワンダーランド-アリスと不思議の国ー」中野上公演

b0326483_21450532.jpg
 劇団KCMの2019年2月公演「musical ワンダーランドーアリスと不思議の国ー」が中野上小学校でありました。2月3日(日)14:30開演。出演者12名でした。

b0326483_21450825.jpg
 おなじみの「終わらないお茶会」の場面。のんびり鼠の役に裕ちゃん。

b0326483_21451122.jpg
 インフルエンザで1名が休場となり、2名が新しく出演しました。

b0326483_21451460.jpg
 夜の国の女王役に椿さん。
b0326483_21451723.jpg
椿さんとリーヤさん。
b0326483_21452143.jpg
裕ちゃん。
b0326483_21452530.jpg
昼の国と夜の国の王族たち。左から和佐、池田、椿、川田、正木。

# by kigaaris | 2019-02-03 21:58 | 劇団KCM | Comments(0)

Musical ワンダーランドーアリスと不思議の国ー 内海小学校で公演

 
b0326483_22590022.jpg
  2018年12月2日(日)「Musical ワンダーランドーアリスと不思議の国ー」を公演しました。劇団KCM出演者11名。 脚本・演出 Ri-ya
  内海地区人権尊重推進委員会の主催。


b0326483_22590897.jpg
 予定どおり午後2時開演です。会場の内海小学校体育館に観客が集まっています。


b0326483_23002819.jpg
 物語はアリスと姉のフィオラの会話から始まります。アリス役を仲岡由佳、フィオラ役を宮崎桜が演じます。


b0326483_23012930.jpg
 おばあちゃんが書いた本の世界に入ってしまったアリス(仲岡)

b0326483_23013943.jpg
 そこで出会ったのは言葉をしゃべれる白うさぎのマリウス(中村李弥)

 
b0326483_23012407.jpg
 アリスのおばあちゃんのスザンヌ(木村かや)


b0326483_23022495.jpg
 夜の世界を司るダークネスパレス国の女王、メリンダ(江川望)
b0326483_23025119.jpg
 女王の息子のジャック(川田将也)

b0326483_23031007.jpg
 昼の世界を司るクリムゾン国の王子エリック(和佐裕一郎)

b0326483_23005214.jpg
 言葉をしゃべれるチシャ猫のオスカー(西 知美)

b0326483_23034394.jpg
 アリスはオスカーの案内で気まぐれなお茶会にやってきました。 

b0326483_23035053.jpg
 左からジャック(川田)、三月うさぎのラミー(菊井佳奈)、眠りネズミ(江川 望)

b0326483_23042779.jpg
 アリスはカードを引いて、死者の国へ行くことを決意します。

b0326483_23043595.jpg
 クリムゾン国の女王オリビア(池田)

b0326483_23043912.jpg
 クリムゾン国の王様(有本)

b0326483_23044717.jpg
 クリムゾン国の王子エリック(和佐)

b0326483_23022162.jpg
 ダークネス国の家臣ペイジA(菊井)


b0326483_23594391.jpg
 ダークネス国の家臣 ペイジB(宮崎)

b0326483_23052423.jpg
 眠りから目覚めるアリス➡全員で踊り

b0326483_23053946.jpg
 無事、公演が終わりました。記念撮影です。

b0326483_23054398.jpg
 記念写真ー2

b0326483_23054711.jpg
 記念写真ー3

b0326483_23055215.jpg
 記念写真ー4

b0326483_23055602.jpg
 記念写真ー4 お疲れさまでした。
# by kigaaris | 2018-12-07 00:09 | 劇団KCM | Comments(0)

2018 Musical 「みやこ姫~有間皇子塚がむすぶ縁~」

 11月11日15時~、御坊市民会館大ホールでミュージカル「みやこ姫~有間皇子塚がむすぶ縁~」を公演。道成寺伝説をもとに東 道が脚本を書き、創作しました。和歌山県文化振興事業補助事業として海南・万葉の会の主催で。劇団KCM、田辺チーム5名、日高川の「あすなろ倶楽部・絆の星」9名、南野上バレエエクササイズ教室のメンバー5名など、小学生から高齢者まで29名が出演。熱演ぶりをご覧ください。

b0326483_22392477.jpg
 オープニングは「戦い‐壬申(じんしん)の乱」から。大友軍は赤い旗と衣装、大海人軍が青い旗と衣装で戦います。

b0326483_22393998.jpg
 大海人皇子(正木吉紀)と、宇野讃良(うののさらら)皇女に椿 悠さんがゲスト出演です。

b0326483_22403117.jpg
  九海士の里で。みやこ姫(中央・前田祐希)、渚(右・池田多美)、九海士村長(左・鍋島好行)

b0326483_22410789.jpg
 大海人皇子(天武天皇)が崩御されたあと、讃良姫が持統天皇として即位します。

b0326483_22412998.jpg
 讃良姫(持統天皇)が紀伊国へ行幸された時、藤代坂で供の者が詠んだ万葉の歌を、南野上バレエクササイズ教室にメンバーが踊りました。(作曲・打垣内正、歌・西浦晴美)


b0326483_22413340.jpg
 御坊の阿古根浦に来ました。采女(宮埼 桜)が讃良姫に美しい珠を見せます。

b0326483_22413917.jpg
  九海士の村長と塩屋の村長(丸山雅之)が地元でとれた魚や貝を献上し、天皇(讃良)に謁見を許されます。塩屋村長が有間皇子の墓をつくることを申し出て、天皇の許可がおりました。舎人(永井万大、中央)


b0326483_22414655.jpg
 完成した墓を見あげる美しい黒髪の少女がいます。宮子姫の登場です。視察に訪れた宮廷の舎人が、宮子の美しさを藤原不比等に伝えます。宮子は不比等の養女となり、文武天皇の妃として宮廷に入りました。

b0326483_22420610.jpg
  宮子が首皇子(おびとのみこ)を生んだ同じ頃、藤原不比等(川田将也)と橘三千代(西知美)の間に安宿姫(あすかべひめ・光明子)が誕生しました。不比等と三千代は、この安宿姫を首皇子の妃とし、将来、首皇子が天皇となると考えたのでした。


b0326483_22421203.jpg
 宮廷の采女たち(左から菊井佳奈、江川望、池田多美、宮崎 桜)

b0326483_22422548.jpg
  文武天皇の心をつかむことができずにさまよい、悩む宮子。あすなろ倶楽部・絆の星のメンバー達の踊りで宮子の悩みを表現します。(寒川夏帆、風山実優、坂口華那、中本 和、川合琴葉、土井零奈、鉢本真央)

b0326483_22422938.jpg
 心が晴れない宮子姫を三千代が慰めにきます。けれども、赤ちゃん(首皇子、後の聖武天皇)を連れていってしまったのです。

b0326483_22424156.jpg
 文武天皇が若くして亡くなり、母親の阿閉皇女(江川 望)が元明天皇として即位します。

b0326483_22424618.jpg
 藤原不比等(川田)が朝廷内で権力を強くしていきます。

b0326483_22431278.jpg
 一方、長屋王(和佐裕一郎)が、皇族として冠位と力を持っていました。この時左大臣。
b0326483_22431532.jpg
 ある時、詔があり、天皇の妃2人の位が下げられ、宮子が夫人(ぶにん)として冠位を上げることになりました。位を下げられ落ち込んでいる采女と、噂話がすきな采女たちの会話。
b0326483_22431875.jpg
 不比等と三千代の画策により、最高位を得た宮子ですが、気持は晴れません。心の病となり、暗闇をさまよう宮子に母の渚が励まします。宮子の幻想の場面。

b0326483_22433598.jpg
  安宿姫(光明子・井原美月)あすなろ倶楽部・絆の星から出演。
b0326483_22433767.jpg
 首皇子(聖武・竹本浩人)同じくあすなろ倶楽部・絆の星から出演です。
b0326483_22434025.jpg
 元明天皇のあとを首皇子の姉の氷高内親王(ひだかないのんのう・菊井佳奈)が、元正天皇として即位します。
b0326483_22434212.jpg
 氷高内親王に忠誠を誓う長屋王(和佐)。氷高姫の妹の吉備内親王を妃としています。

b0326483_22434786.jpg
 首皇子が聖武天皇として即位。紀伊国へ行幸の折、真土山、那賀郡を通っていきました。万葉に残された歌から「亦打山(まつちやま)」を南野上バレエチームと東の踊りで。

b0326483_22434979.jpg
 紀伊国の和歌の浦へ来られました。万葉歌「和歌浦に」KCMの女子たちが踊ります。

b0326483_22435365.jpg
  首皇子(聖武)が即位したあと、天空の様子がおかしくなってきました。舎人(永井万大)
b0326483_22435578.jpg
 同じく天空の異変を伝える舎人(川田)
b0326483_22435725.jpg
 天の異変、地震などはすべて天皇である自らの責任を感じて、民を救済する詔を下す聖武天皇でした。(正木)

b0326483_22440047.jpg
 そんな時、密書が届きます。不比等の息子武智麻呂(むちまろ・大野剛輝)に密書を見せる聖武。
b0326483_22440565.jpg
 密書の内容は「長屋王が謀叛をおこそうとしている」というものでした。
b0326483_22441398.jpg
 橘諸兄(三千代と美努王との息子・丸山)も長屋王の謀叛を認めます。

b0326483_22441729.jpg
 藤原武智麻呂(大野)はすぐに長屋王の屋敷を取り囲むようにと提言します。

b0326483_22441963.jpg
 「長屋王が謀叛など起こす筈がない」と思いながらも、参議での大臣たちの決議を止め切れない聖武(正木)。翌日、長屋王は自害、妃の吉備姫と息子の王たちも自害に追い込んだのでした。

b0326483_22442975.jpg
  都の路地裏の酒場で。急に冠位があがった君足(きみたり・川田)を不思議に思った舎人(鍋島)の質問に、君足は喋りだします。「あるお方が謀叛をおこそうとしています」と天皇に申しあげたと。
 そのあと、長屋王の親族と家臣たちが罪に問われることは無くなりました。

b0326483_22443735.jpg
 長屋王の亡霊が夢に現れ、聖武天皇を脅かします。

b0326483_22444459.jpg
 聖武天皇の皇后となった光明子(安宿姫・椿)は天皇を励まし続けます。

b0326483_22445250.jpg
 宮子姫(江川望)。文武天皇が崩御され、心は晴れず孤独に過ごしています。
b0326483_22445576.jpg
 玄昉法師はいつも宮子姫を見守っています。
b0326483_22445862.jpg
 幻想の世界をさまよう宮子。
b0326483_22450270.jpg
 玄昉法師の法力で宮子の病は回復に向かいました。
b0326483_22450672.jpg
 光明子の病を見舞いに訪れた宮子と、首皇子(聖武天皇)が出会います。37年ぶりの親子の再会でした。
b0326483_22452570.jpg
 都をあちこちと遷し、さまよい続けた聖武は、大仏建立を考えはじめます。大仏建立には神と仏が融合し、民が自らの意志で参加する喜びを知ることを考えたのでした。
b0326483_22452880.jpg
  あすなろ倶楽部のエンディングの踊り。
b0326483_22453192.jpg
 南野上公民館バレエエクササズの皆さん。
b0326483_22453353.jpg
 田辺チームです。
b0326483_22453558.jpg
 桜さん、美月ちゃん、浩人くん、佳奈ちゃん。
b0326483_22454012.jpg
 池田さん、江川さん、西さん。
b0326483_22454182.jpg
 和佐くん、椿さん、川田くん。
b0326483_22454370.jpg
  前田さん、正木さん。
b0326483_22454585.jpg
 ご観劇いただいた皆さん、応援していただいた皆さん、有難うございました。


# by kigaaris | 2018-11-19 23:39 | 海南無形民俗文化の会 | Comments(0)

2018 熊野古道 万葉ウオークと公演 in 御坊-1(ウオーク)

  11月10日(土)~11日(日)、御坊市で「熊野古道万葉ウオークと公演 Musical みやこ姫~有間皇子塚がむすぶ縁~」を開催。東京、千葉、奈良など県内外から万葉ファンが集まりました。

  10日は午後3時、ヤナギヤ隣の「夢空間ふわり」で、東山の森Ark主催「有間皇子ことはじめ」に参加。主宰の東 睦子さんと熊野古道の歴史を長年研究されている山本賢先生が「有間皇子」のお話をされました。


  午後6時。日高川町のかわべ天文公園内プレイルーム内で「宇宙から見た熊野古道」と題して、帝京大学理工学部 久保田弘敏先生の講演をお聞きしました。
  久保田先生は月へのロケット打上に成功した同大学の学生たちの指導に当たっておられます。和歌山県有田川町出身。
  宇宙はいつできた?宇宙の大きさは?・・・宇宙の今後の利用方法など、人が宇宙に住める時代が来たことを、スライドで分かりやすく話しされました。

  夜は同館内で万葉交流会があり、東京、千葉、奈良などの万葉の会の話で盛り上がりました。

 
b0326483_22392055.jpg
 11日、午前7時JR和歌山駅受付開始。8時に専用バスが出発、高速道路を通り御坊市へ。9時30分、御坊駅に着き、御坊からの参加者をのせて道成寺へ。(写真提供 はKIGAの平石さん)

b0326483_22392341.jpg
 道成寺境内で澤田さん。今日の語り部はKIGAの澤田さんと平石さん。

b0326483_22392682.jpg
 道成寺本堂の「千手観音像」

b0326483_22393392.jpg
 境内には万葉時代からの樹木がたくさんあります。馬場吉久先生の講義です。

b0326483_22393736.jpg
 植物のことならこの人の右にでる人はいません。山元晃先生(紀伊風土記の丘)の講義です。

b0326483_22394096.jpg
 道成寺から藤田町吉田へ。ここは「舞妃蓮の郷蓮池公演」です。古代の相賀蓮など、珍しい蓮を 育てています。「舞妃蓮橋」で。


b0326483_22400731.jpg
 熊野古道の愛徳山王子から九海士王子へ。


b0326483_22421516.jpg
  湯川子安神社につきました。古代、上皇や女院が熊野参詣に訪れた折、この辺りに小松原の宿があったそうです。縄文時代、この周辺から御坊駅までは海でした。



b0326483_22421255.jpg
 湯川子安神社のご神体の楠。


b0326483_22401010.jpg
 湯川神社からバスにのり、岩内一号墳へ。元同志社大学の森浩一教授が有間皇子の古墳であると認定。周辺にもう一基大きな古墳があります。有間皇子の舎人であった塩屋連コノシロか、あるいは古代豪族、塩屋連一族の首長の墓であると推定できます。

b0326483_22401466.jpg
 国道42号線を南に向かいます。うつぼを干しています。紀南地方の冬の風物詩ですね。

b0326483_22422428.jpg
 阿古根浦(野島)


b0326483_22422101.jpg
 万葉歌碑があります。「吾が欲りし 野島は見せつ 底深き 阿古根浦の 珠そひろはめ」 

# by kigaaris | 2018-11-17 23:45 | 海南・万葉の会 | Comments(0)

熊野古道 万葉ウオークとMusical「みやこ姫」公演のお知らせ

  御坊市、日高川町など日高川周辺の各地に縄文時代からの遺跡が数多く残っています。何気なく路傍に咲く花が実は万葉に歌われた日本の草花なのです。先人たちが残した歴史や文化を学び、次世代へ継承しませんか?

  11月10日(土)~11日(日)御坊市で熊野古道 万葉ウオークとMusical 「みやこ姫~有間皇子塚がむすぶ縁~」を公演します。 
b0326483_10214638.jpg

  11月10日(土)は15時から「夢空間ふわり」で東山の森Ark主催「有間皇子ことはじめ」があります。又、同日18時から、かわべ天文公園内プレイルームで「宇宙から見た紀伊半島」と題して東京大学名誉教授、帝京大学理工学部客員教授、久保田弘敏先生のお話があります。久保田先生は有田川町出身で、月ロケット打ち上げに成功した学生チームの指導にあたられました。とても分かりやすいお話で、きっと子ども達に宇宙への夢と希望を与えてくれるでしょう。 入場無料。
b0326483_10215009.jpg
 10日、19:10~万葉交流会 会費4000円(食事代)
 かわべ天文公園で宿泊もできます。5900円~(朝食のみ)  

 11月11日(日)「熊野古道・万葉ウオークin 御坊」があります。9時40分JR御坊駅集合、専用バスで移動します。講師に全国万葉協会理事の馬場吉久氏、紀伊風土記の丘の山元晃氏。 

  •   万葉の草花を通して、御坊の新しい魅力を再発見する筈です。参加費500円(資料代など)。バス代金はJR和歌山駅から乗車の場合2000円(1日)、御坊駅からの乗車は割引価格で1日乗り放題で+500円です。


  • b0326483_10215627.jpg

      11日のウオークのあと、ミュージカル「みやこ姫~有間皇子塚がむすぶ縁~」を御坊市民文化会館大ホールで公演します。劇団KCMの共催で、田辺チームが参加。日高川町の「あすなろ倶楽部」の子ども達9名が出演します。前売券1500円、学生(高校生以下)1500円、当日券2000円。

     【物語】  父孝徳の意志を受け継ぎ、民の平和と幸せのために戦うことをせずに黄泉国に旅立った有間皇子でした。今回のミュージカルは有間皇子の死後、塩屋連一族が皇子とコノシロの墳墓を造営します。墓が造営される様子を幼い宮子姫が見ていました。そして古墳造営の監視に訪れた藤原不比等の家臣が美しい黒髪の娘、宮子を見て不比等に伝えたのです。当時、大臣の藤原不比等は朝廷内で協力な権力をもっていました。 宮子は宮廷に入内し、不比等の養女となって文武天皇の妃となります。
      宮子姫と皇子、聖武天皇は同じ平城京に住みながら、36年間出会うことはありませんでした。 皇室と藤原一族との権力闘争の中で、宮子は朝廷の生活に馴染まず、心の病に陥ったと思われます。
       今回、脚本を書くにあたり、宮子姫に関する新しい発見がありました。宮子の夫の文武天皇と紀皇女、そして紀皇女を慕う弓削皇子との三角関係を知る歌が万葉集に残されていたのです。宮子は宮廷で孤独な暮らし強いられていたのです。
       不比等が亡くなり不比等の息子4兄弟が朝廷で力を持つ時代になります。宮子は息子の聖武天皇と36年ぶりに再会し、ようやく安らかな日々が訪れます。聖武もまた、民の幸せのために何をなすべきかを考え行動へ動きはじめたのです。そんな時、事件が起こります。長屋王が謀叛を起こしたという密告が入りました。
       有間皇子の平和への思いが塩屋一族に受け継がれ、宮子姫に託され、そして聖武天皇へと継承されていく様子を脚本に書きました。
      今回の催しをきっかけに、皆さんとご一緒に日高川沿岸の歴史を再発見し、伝統をクリエイトしていくことができれば幸いです。

    # by kigaaris | 2018-11-07 10:48 | 海南・万葉の会 | Comments(1)