東 道のきのくに花街道

ariskiga.exblog.jp
ブログトップ

タグ:神社・寺 ( 10 ) タグの人気記事

熊野古道・中辺路 滝尻~高原熊野神社~大阪本王子へー3

  上多和の辺りで集合写真を撮りました。14名全員が映っています。不思議ですね。
b0326483_22585718.jpg
  古道はどこまでも、果てしなく続いています。
b0326483_22575773.jpg
 昔、悪志郎と呼ばれる力持ちの大男がすんでいました。その屋敷跡の表示があります。
b0326483_22580494.jpg
 上多和茶屋跡の説明版があります。この辺りには旧暦の11月23日に月が3枚になって登るという三体月伝説が伝わっています。熊野本宮の大斎原のイチイの木に、三枚の月(鏡?)が降臨したのを見た狩人が小さな祠を建てて祀ったのが、本宮の始まりという話もあります。
b0326483_22580945.jpg
上多和をすぎるとようやく下り坂です。 
b0326483_22582656.jpg
 崩れ石とよばれる石ころの多い道を、すべらないように気をつけながら歩きます。大阪本まであと2km、頑張りましょう。
b0326483_22583137.jpg
 橋が架かっています。ようやく下界へ下りてきました。外気が急に暑く感じはじめました。
b0326483_22583995.jpg
 大阪本王子です。傘塔婆は鎌倉時代のものとの記載があります。大阪本王子から近露の道の駅へ向かいました。予定どおり3時30分着。皆さん、暑い中をよく頑張りました。
 このあと、龍神の「がまの湯温泉」に入り、帰路につきました。今日も1日、無事に歩けたことを熊野の神様に感謝しつつ。
b0326483_22585326.jpg

[PR]
by kigaaris | 2017-07-22 23:24 | KIGA・熊野古道歩こう会 | Comments(0)

熊野古道・中辺路 滝尻~高原~大阪本王子へー1

 熊野古道歩こう会では、いよいよ世界遺産登録の中辺路を歩きます。 
 7月20日(木)、午前6時50分、JR和歌山駅東口に13名が集合し、2台の車に分乗し中辺路へ向かいました。有田インターで高速道路を降りて裏街道(?)を走ること約2時間。予定より1時間も早く9時に滝尻に着きました。途中、椿山ダムの近くの道の駅のフクロウの時計が、私たちを迎えてくれています。
b0326483_14270959.jpg
  滝尻の裏手の剣山は手のひらを立てたように急峻な道です。夏場でもあり、今回は少し後方の針地蔵から歩くことにします。まずは熊野五体王子のひとつ、滝尻王子にご挨拶しましょう。
b0326483_14205010.jpg
  滝尻は2つの川が合流し、滝つ瀬をなしていたことが地名の由来です。平安時代、上皇や女院たちはこの川の水をくぐり、垢離をすませてから神社にお参りしたそうです。それぞれに得意な和歌や巫女舞、里相撲などを奉納しました。 
b0326483_14205752.jpg
 古道と林道が交差する地点から熊野古道を歩きました。熊野古道らしい道ですが、かなりの勾配のある道です。
b0326483_14210575.jpg


 針地蔵です。熊野古道には道祖神、さえの神、庚申さん、道陸神などと呼ばれる神々がお地蔵さまと一緒に祀られていますが、針地蔵は珍しいですね。

b0326483_14283756.jpg

 約1時間半、距離にして2,5kmほどですが、きつい登り道です。ようやく平坦な道になってきました。
b0326483_14220983.jpg

 高原につきました。神社の標識のそばに庚申さんが祀られています。台座に3匹の猿の絵が描かれています。庚申(こうしん)とは庚申(かのえさる)の日に、人が寝ている間にサンシという虫が天帝にその人の行状を告げ口に行く日とされ、近隣の人が集まり、一晩中寝ないで起きているという風習です。朝寝坊を戒めた行事だと思われます。
b0326483_14255861.jpg


[PR]
by kigaaris | 2017-07-22 22:43 | KIGA・熊野古道歩こう会 | Comments(0)

熊野古道・中辺路 滝尻王子~高原熊野神社~大阪本王子ー2

 高原に着きました。左手に雄大な景観が広がっています。遠くの山々を見渡す景色は、紀伊半島の70%が山林に覆われていることを証明するかのようです。
b0326483_21285481.jpg
  高原熊野神社です。この社が勧進されたのは室町時代だそうです。熊野の勧進聖たちが背中に背負って全国へ伝えたという懸仏が社宝として残されています。
b0326483_21283633.jpg
  神社の後方に巨大な楠が3本、天に向かってそびえたっています。樹齢600年~700年でしょうか?熊野の歴史を今に伝える地です。
b0326483_21284132.jpg
  高原霧の里で早い昼食をすませて、再び歩きはじめます。坂の勾配はすこし緩やかですが、まだまだ登り坂は続いています。暑いですが、平地より気温が低いことを感じさせてくれる古道です。
 道路のあちらこちらに小さな塔が造られています。人はいつの頃から石を積み上げるようになったのだろうか?などど考えながら歩きます。
b0326483_21333054.jpg
 随分歩いた気がします。高原池につきました。途中の民家の跡らしき石垣があります。高原周辺に水呑茶屋があり、旅人が休憩したそうですが、王子はなく、今はこの辺りには人家もありません。
b0326483_21290302.jpg
  大門王子です。かつて、ここに熊野本宮を望む大門があったことが、この王子の由来です。
b0326483_21292012.jpg
  小さな境内ですがきちんと整備されています。
b0326483_21292405.jpg
b0326483_21292892.jpg
 こんな所に猫がいます。一人(一匹)でやってきたのでしょうか?かなり人に慣れています。
b0326483_21293258.jpg


[PR]
by kigaaris | 2017-07-22 22:41 | KIGA・熊野古道歩こう会 | Comments(0)

和歌山市内の寺町と和歌山城

 7月7日(金)、秋の万葉ウオークの下見で、JR和歌山駅から和歌山城と寺町を歩きました。元信愛高校の馬場吉久先生、紀伊万葉ネットワークの木綿良介さん、そしてKIGAの会員計7名が参加しました。(和歌山城では堀畑さんに案内していただきました。)
 写真は刺田比古神社岡の宮で。若い宮司さんがおられてカメラに入っていただきました。
 大雨予報でしたが、午後は晴れました。最近、晴れが多いです。
b0326483_21514799.jpg
 JR和歌山駅から太田城水攻址を見て、国体道路を横切り、和歌山城へむかって歩きます。大立寺です。大立寺の創建は文禄年間(安土桃山時代)で、大門は室町時代末の和歌山の豪族太田氏の居城があった太田城の大門を移築したそうです。和歌山市指定文化財になっています。
 徳川吉宗の母ぎみが熊野参詣でここまで来たとき、倒れていたのをこの寺の住職さんに助けられ、その後、和歌山城へお勤めすることになり、光貞公の側室となって吉宗が誕生したと伝わっています。
b0326483_21373706.jpg
 右手に和歌山城が見える交差点まできました。左手の岡公園になにやら歴史を感じさせる建物が建っています。長屋門です。実は今日が竣工式なのです!
b0326483_21374222.jpg
 岡口門につきました。城ができた頃はここが城の正門でした。門の上の白い建物は、ここから敵を見張り、射撃するための櫓です。
b0326483_21374858.jpg
 和歌山城です。この建物は3代目です。今は白壁ですが、もとは木の壁だとか。2代目は第二次世界大戦の時、米軍の空襲によって爆撃されましたが、昭和30年代に再建されました。
b0326483_21373134.jpg

 城に上るまで、迷路のように石の城壁が続いています。これは初期の頃の石壁で、比較的なだらかで、小さな石を積み上げた「のづら積」です。
b0326483_21380253.jpg

 文字だか模様だかわからない説明版があります。この城を築いた石工さんたちが、自分たちの納めた石にマークをつけたのだそうです。
b0326483_22345805.jpg
 マークが読み取れます。
b0326483_22350106.jpg
 和歌山城を一回りして、駐車場のある南の門から退出しました。雨がひどくなったので、ちょっと休憩をかねてランチタイムとします。
 ランチのあと、ここで転べば3年しか生きられないという三年坂をとおり、刺田比古 岡の宮神社へむかいました。
b0326483_22350650.jpg
 刺田比古神社の祭神は、道臣命(みちのおみのみこと)と、大伴佐氏比古(おおとものさでひこ)命です。「日本書記」の神武天皇編で、神武が那智の海岸へついた時、丹敷戸畔(にしきとべ)と戦い、毒気をあびて倒れてしまいます。高倉下命(たかくらじのみこと)の夢に天照大神が現れ、フツノミタマという剣を授かり助けに行きます。翌朝目が覚めた神武は中つ国へ向かいますが、山が深くて進むことができないでいる時、八咫烏が現れ中つ国へ導きました。その時の郷の導きの者(国つ神)が大伴氏の祖となったと、日本書記に記載があります。のちに道臣(みののおみ)として神武に仕えることになります。
b0326483_21381793.jpg
 今日は七夕でした。万葉の歌碑がありました。大伴家持の歌です。家持の祖が大伴佐氏比古なのです。 
b0326483_21382970.jpg

 岡公園の西南の地に「父母状の碑」の石碑が建っています。豊臣秀吉が朝鮮を攻めた時、連れてこられた儒学者の李真影と李梅渓親子を、初代藩主徳川頼宣が紀伊国に招き、学問の師と仰ぎました。李親子は韓国の貴族であったそうです。 父母状は頼宣が李梅渓に教えを乞いながら作成し、その後全国の寺子屋の教科書をなりました。「父母に孝行し・・・」と、人が生きる上で大事な法を説いた内容です。
b0326483_21385342.jpg


[PR]
by kigaaris | 2017-07-09 23:11 | 海南・万葉の会 | Comments(0)

一ノ瀬王子~滝尻王子へ-1/興禅寺

 6月15日(木)9時30分ごろ、上富田町の市ノ瀬橋で車の移動組と待ち合わせ、少し歩いて興禅寺へ向かいました。16名が参加。梅雨とは名ばかりのとても良いお天気でした。
 興禅寺の達磨像も微笑んでくれている気がします。
b0326483_21361912.jpg
  屋根の上にまた屋根が・・うだつです。かつて、米をたく煙がこの小さな屋根から上っている家は「うだつが上がった」のだそうです。 
 手前の木は「タラヨウ」です。古い時代、この木の葉に文字ををかいて送ったことかが葉書の語源です。
 このあと、寺の後方にある借景の庭園を拝見し、お隣の大耕庵のお庭も拝見しシャラの木の花を見せていただいて、富田川(旧岩田川)沿いに鮎川王子に向かってに歩きました。
b0326483_21362257.jpg
  壮大な景観が広がっています。熊野古道は平安時代にはこの岩田川の中を垢離をしながら歩いたのだとか。川そのものが古道でした。
 修明門院の熊野詣での時、大水が出て女官たちが流されて亡くなったとの記載があります。それ以降は「御氷場」をつくり、岩田川に装えて垢離をしたそうです。熊野参詣者にとって、水の中を通る垢離は絶対的に必要だったことがうかがえる話ですね。 
b0326483_21363027.jpg
  一の瀬王子です。藪中王子、清水王子とも呼ばれています。地名は市の瀬ですが。
b0326483_21362609.jpg

 今年は空梅雨のようです。雨が少ないので富田川には水量がありません。山あいの道を歩きます。 
b0326483_21363483.jpg

[PR]
by kigaaris | 2017-06-18 09:06 | KIGA・熊野古道歩こう会 | Comments(0)

一の瀬王子~滝尻王子へー2・大塔宮伝説の地、鮎川王子

 青い空と緑の山と、川幅の広い岩田川。ほかには何もない。ここでしか見られない景色です。古道は上富田から大塔村へと続いています。
b0326483_22145473.jpg
 庚申さんが祀られていました。地元の人の手で綺麗に整備されています。人の身体にすむサンシという虫が夜中に天帝に、その人の行状を告げにいくので朝まで寝ないでお祀りしたと伝わっています。台座に3匹の猿が描かれていることがあります。
b0326483_22145845.jpg
 随分歩いた気がします。標識に従って橋を渡り、少し歩くと観光案内所の看板がありました。近づいてみると「熊野百間渓谷自然・・・」と書かれています。
 今日はここでお弁当をいただくことにしましょう!暑い中を歩いてきた者にとって冷房完備の室内はまるで天国のようです。
b0326483_22150144.jpg
 まだまだ先は長い。百間渓谷の家に別れを告げて再び歩きはじめました。
 国道322号線沿いに「大塔宮劔神社」の石碑が立っています。傍に「鮎川王子社址」の碑が並んでいます。
 かつて、ここに王子社と大きな敷地がありましたが、岩田川の流れが姿をかえて、いま往時をしのぶことはできません。
b0326483_22150577.jpg
 鮎川の地名は会う川が語源です。岩田川にかかる橋を渡り、田辺市と書かれた大塔村の看板をみながら、もう一度橋を渡ります。
 民家の中をぬけると住吉神社につきました。明治9年(1876)、鮎川王子社を合祀し、明治40年(1907)、劔神社を合祀しました。劔神社のご神体は劔で、後醍醐天皇の皇子の大塔宮護永親王を祀っています。
b0326483_22151250.jpg
 住吉神社の社叢は和歌山県指定の天然記念物です。特に「おがたまの木」は単独で県指定天然記念物となっています。境内の右手の槙と無患子(むくろじ)は幹がくっついていて「夫婦樹」と呼ばれているのだそうです。
b0326483_22532469.jpg

[PR]
by kigaaris | 2017-06-17 23:00 | KIGA・熊野古道歩こう会 | Comments(0)

和歌山市内の神社と寺を訪ねて 花見をかねてウオーク下見-2

 報恩寺の桜が満開です。
 和歌山城の南、県立博物館の隣に位置する報恩寺は、はじめ要行寺でしたが、寛文5年(1666)紀州藩主徳川頼宜公婦人の瑶林院の菩提を弔うための寺として息子の光貞公が報恩寺と改めました。和歌山市内唯一の武士寺として親しまれてきました。
 瑶林院は加藤清正の長女で、八十姫と呼ばれていたそうです。
 寺から200mほど歩くと紀州藩主の家族のお墓が並んでいます。献花がなくて残念な気持になりました。
b0326483_21240683.jpg
b0326483_21241130.jpg
b0326483_22103189.jpg
b0326483_21241944.jpg
b0326483_22111814.jpg

[PR]
by kigaaris | 2017-04-06 22:26 | 海南・万葉の会 | Comments(0)

和歌山市の寺と神社を訪ねて 花見をかねて下見ウオークー1

 和歌山市内でも桜が咲きはじめました。
 和歌山城の南にある「夜雨荘(やうそう)」の桜です。今年、秋に予定の「熊野古道・万葉ウオークと公演”有間皇子”」にむけて下見ウオークに行ってきました。
b0326483_21143021.jpg
 
b0326483_21142643.jpg
 戦国時代終盤、豊臣秀吉の三大水攻めの一つといわれる太田城の水攻め址です。来迎寺境内の小山塚には水攻めに敗れ処刑された太田党一族の墓があります。来迎寺のご住職によれば、近年になって初めて追悼されることができるようになったそうです。
b0326483_21163369.jpg

b0326483_21163718.jpg
 来迎寺から西へ、和歌山城へ向かいます。父母状の碑がありました。徳川吉宗の時代、熊野古道沿いで、親を殺しても自らの罪を認めない男に、人としてあるべき道を説いたこの書は、韓国の学者、李真栄(りしんえい)と李梅渓(りばいけい)が作ったものです。父母状は江戸時代の寺子屋の教科書となりました。
b0326483_21235340.jpg

[PR]
by kigaaris | 2017-04-06 22:00 | 海南・万葉の会 | Comments(0)

熊野古道・田辺~稲葉根王子へ(高山寺)

 3月16日(木)午前8時50分、田辺駅に集合。田辺市内を北へ向かいました。
 蟻通神社のそばの道標をみて右折しJRの線路をこえて、次の交差点を左折し合津川にかかる橋を渡ると目の前に高山寺の石段が見えてきます。 
 高山寺は聖徳太子の創建、弘法大師が中興の祖と伝わっています。寺宝に長澤芦雪の書いた「寒山拾得」「柳と烏」があり、県指定文化財です。
b0326483_23362405.jpg
 田辺湾を見晴らす高台にあって、広い境内は綺麗に整備されています。
b0326483_23400241.jpg
 この辺りには縄文時代から人が住み、遺跡が残っています。境内にある縄文時代の貝塚群は国指定文化財。この六地蔵は石段を上がったところにあります。
b0326483_23363014.jpg
 そしてこの六地蔵は境内から墓地へぬける道沿いに立っています。こちらの方が少し時代が古いようです。
b0326483_23370934.jpg
 和歌山が誇る偉人、南方熊楠の墓です。熊楠さんは和歌山市生まれですが、英国に留学したあと田辺に住み、周辺の山野をかけめぐり研究を続けていたそうです。
b0326483_23371227.jpg
そしてこちらは合気道の植芝盛平の墓です。田辺には本当に偉人が多かったのですね。
b0326483_23371649.jpg


[PR]
by kigaaris | 2017-03-18 00:20 | KIGA・熊野古道歩こう会 | Comments(0)

2017・万葉ウオークの下見ー3 有間皇子の墓

 藤白神社の本殿の右隣に権現堂が建っています。
b0326483_21553906.jpg
 藤白王子社は熊野古道の五体王子の一つとして栄え、この権現堂には熊野三山の本地仏三仏と藤代若一王子などが祀られています。これらは平安時代末期の造像で現存する最古のもの。
 熊野本宮の阿弥陀如来坐像、熊野速玉の薬師如来坐像、熊野那智の千手観音坐像と、藤代若一王子の11面観音立像です。11面観音立像が少し見えにくですが。
b0326483_21553404.jpg
 権現堂から右手のほうに「有間皇子神社」があります。境内に建つ万葉歌碑は海南市生まれの雑賀紀光氏の揮毫。

 藤白の み坂を超ゆと 白たへの わが衣手は 濡れにけるかも 

 文武・持統天皇に随行した供の人が詠んだものです。熊野古道を歩くとき、上皇や女院たちは白たへの衣をまとって歩きました。 
b0326483_21554485.jpg

 雑賀紀光氏の歌碑の反対側の打垣内正氏の歌碑は譜面入りです。打垣内正氏は和歌山大学で教鞭をとられ、和歌山市、海南市内で多くの小学校、中学校の校歌を作詞、作曲もしておられます。
b0326483_21554999.jpg

 有間皇子神社から紫川をとおり、藤白峠へ。峠の登り口付近に有間皇子の墓と万葉歌碑が建っています。 
 斉明4年(658)、中大兄皇子の命令により、有間皇子は謀反の罪をきせられこの藤白峠で殺されました。 
 近年、御坊の岩内1号墳が有間皇子の古墳との説が有力ですが、この藤白峠にも墓があります。

 家にあれば けにもる飯を草枕 旅にしあれば 椎の葉にもる

 この歌はあまりにも有名です。
b0326483_21555324.jpg


[PR]
by kigaaris | 2017-02-02 23:19 | 海南・万葉の会 | Comments(0)