東 道のきのくに花街道

ariskiga.exblog.jp
ブログトップ

タグ:海南市 ( 2 ) タグの人気記事

2017 熊野古道・万葉ウオークと公演『Musical 有間皇子』-2

 
b0326483_23190990.jpg
 11月2日、大塔宮ゆかりの春日神社から歩くこと約4km、千種神社に着きました。
 この辺りは縄文時代から人が住み、かつて百草(ももくさ)神社と呼ばれていましたが、いつの頃からか千種と呼ばれるようになったそうです。
 境内に大きな杉の木があり県指定天然記念物です。足元に祭られていたお地蔵さまを巻き込んで幹が太くなったとの伝説があります。

b0326483_23192183.jpg
 古代、この地に女王、名草戸畔(なぐさとべ)が住んでいました。『日本書記』によれば、神武天皇の東征のおり、天皇の軍に刃向って殺されてとの記載があります。
 地元の民たちは戸畔の遺骸をひきとり、頭はオコベさん(宇賀部神社)へ、胴はオハラさん(杉尾神社)へ、足はこのアシガミさん(千種神社)へ祀ったと(密かに)伝わっています。 

b0326483_23204318.jpg
 今日は良く歩きました。(私は車で伴走の担当でしたが) 2時過ぎにようやく着きました。阪井の万葉の丘です。ここの20種ほど万葉の草花があります。


b0326483_23192674.jpg
 
 万葉の丘から国道を渡り、北へ向かいます。杉尾神社鎮座する森の西麓を歩くこと約1,5kmほど、宇賀部神社につきました。
 宇賀部神社は地元ではおこべさんと呼ばれています。名草戸畔の頭を祀るので、頭(こうべ)がおこべさんの名称の由来です。
 一方、紀の川に大きな蛇が流れ着き、胴に光るものがあり捕らえて、頭と胴と足(尾?)に分けて祀ったとの伝承があります。
 この地域は縄文時代から人が住みつき、溝口遺跡や室山遺跡などから当時の生活の様子を知る遺物が発掘されています。新しく鉄の鋳造や農耕技術を持った弥生人がせめてきた時、戦って服従しなかった先住の民たちが、蜘蛛、楠、蛇などと呼ばれてことが折口信夫の『古代研究』に記載されています。近くにクモ池があり、そこで名草戸畔が殺されたとされています。
 古代、和歌山県内には岩出に荒川戸畔(あらかわとべ)、那智海岸に丹敷戸畔(にしきとべ)が住んでいました。丹敷戸畔が住んだ地は大雲取超え、小雲取超えと呼ばれています。やはりクモです。
 荒川戸畔のほうは戸畔に娘のトホツアユメマクハリ姫が神武天皇の妃となり、その娘のトヨスキイリ姫は奈良県の三輪山に天照大神の霊代を祀って鎮座し、その後、紀伊国の名高(海南駅の近く)を経て浜の宮にしばらく鎮座し、全国を回って最後に伊勢神宮に鎮座されたそうです。
 倭王朝が成立するまでの間、各地の豪族たちとの間に国譲りの話合い(戦い?)があったようです。

b0326483_23193253.jpg
 宇賀部神社の境内の一室に小野田寛夫さんが書いた書があります。終戦を知らされず、ルパング島で30年を過ごした小野田さんは海南市藤白に生まれました。しばらく小野田の地に住んでいたのです。

b0326483_23205991.jpg

宮司さんも小野田さんです。小野田寛夫さんのご親戚とのことです。この日は特別にお話をうかがいました。


[PR]
by kigaaris | 2017-11-05 20:10 | 海南・万葉の会 | Comments(0)

早寝早起き朝ごはん

  毎日暑い日が続いています。今年の夏は酷暑という言葉で表されています。
  南野上公民館では子ども達が地域の人たちとふれあうことを目的に、毎週水曜日の放課後「わくわくルーム」を開設しています。
  夏休みには水曜日の早朝、「早寝早起き朝ごはん」があります。今年も元気に子どもたちが集まってきました。

  第1回目は7月29日(水)、午前7時集合。まず館長から子ども達へのお話しがあり、ラジオ体操からはじまりました。
b0326483_12122584.jpg
  早くやってきた子ども達。早く来る子もいれば、時間ギリギリに来る子どももいます。
b0326483_12123232.jpg
  ラジオ体操のあとは、伝統の踊り「亀の川念仏踊りの稽古」です。
  南北朝の時代、大阪四条畷の戦いに敗れた楠正成の嫡男正行の家臣、佐々木某という人とその一族が、南野上に逃れて住みつきました。先祖の供養と平和が長く続くことを願って踊り伝えたそうです。
  地域の女性たちによって踊り伝えられてきましたが、昭和の末頃から途絶えていたのを、公民館と小学校の協力にいって復活しました。南野上公民館の民謡教室とバレエエクササズ教室で稽古をしています。
  夏休みには小学校で子ども達が稽古します。
b0326483_12124559.jpg
  ラジオ体操と伝統の踊りの稽古のあとは、朝ごはんタイムです。
  今日のレシピは ①煮魚 ②夏野菜の肉そぼろあんかけ  ③味噌汁 ④おにぎり です。②の夏野菜は蒸したじゃが芋、焼き茄子と、そぼろ煮は鶏ひき肉とピーマン、椎茸、人参、トマトを混ぜた、あっさり味のトマトソースです。子ども達はこの料理が好きなようです。
b0326483_12130494.jpg
 お父さんも交じって、仲良く話しあいながら頂きます。
b0326483_12130059.jpg
 8月2日(水)午前6時50分、今日は早く来た子どもが増えました。早く来る子はいつも、ほぼ同じメンバーですが
b0326483_12154136.jpg

 館長から「夏休みも早く起きて、元気に過ごしましょう」と励ましの言葉をいただきました。 館長はじめ、校長先生、教頭先生がいつも、この行事に参加して下さっています。
b0326483_12154639.jpg

  青い空、緑の山々、緑の芝生のある南野上小学校は自然環境に恵まれた所です。
b0326483_12155452.jpg

「亀の川念仏踊り」の稽古。太刀踊りと扇踊りがあります。扇の中に手をいれるのは、低学年にはちょっと難しそうですね。
b0326483_12160112.jpg

 運動のあとの朝ごはん。
 今日も野菜たっぷりです。たくさん食べて元気に夏を過ごしましょう。
b0326483_12161649.jpg
 今日のレシピは ①野菜入りハンバーグ、トマトソースかけ(合いびき肉、椎茸、人参、ピーマン、玉ねぎ、トマトジュース) ②コールスローサラダ(キャベツ、人参、カイワレ、トウモロコシ、レーズン)③梅風味フルーツゼリー(梅ジュース、みかん缶、キーウイ)④スイカと、おにぎりです。

 この日のために、前日から厨房に入り、汗をかきながら料理の手伝いをしていただいた地域の皆さまに感謝です。あと1日頑張りましょう。

b0326483_12161909.jpg


[PR]
by kigaaris | 2017-08-07 13:06 | 公民館活動 | Comments(0)