東 道のきのくに花街道

ariskiga.exblog.jp
ブログトップ

和歌山市内の寺町と和歌山城

 7月7日(金)、秋の万葉ウオークの下見で、JR和歌山駅から和歌山城と寺町を歩きました。元信愛高校の馬場吉久先生、紀伊万葉ネットワークの木綿良介さん、そしてKIGAの会員計7名が参加しました。(和歌山城では堀畑さんに案内していただきました。)
 写真は刺田比古神社岡の宮で。若い宮司さんがおられてカメラに入っていただきました。
 大雨予報でしたが、午後は晴れました。最近、晴れが多いです。
b0326483_21514799.jpg
 JR和歌山駅から太田城水攻址を見て、国体道路を横切り、和歌山城へむかって歩きます。大立寺です。大立寺の創建は文禄年間(安土桃山時代)で、大門は室町時代末の和歌山の豪族太田氏の居城があった太田城の大門を移築したそうです。和歌山市指定文化財になっています。
 徳川吉宗の母ぎみが熊野参詣でここまで来たとき、倒れていたのをこの寺の住職さんに助けられ、その後、和歌山城へお勤めすることになり、光貞公の側室となって吉宗が誕生したと伝わっています。
b0326483_21373706.jpg
 右手に和歌山城が見える交差点まできました。左手の岡公園になにやら歴史を感じさせる建物が建っています。長屋門です。実は今日が竣工式なのです!
b0326483_21374222.jpg
 岡口門につきました。城ができた頃はここが城の正門でした。門の上の白い建物は、ここから敵を見張り、射撃するための櫓です。
b0326483_21374858.jpg
 和歌山城です。この建物は3代目です。今は白壁ですが、もとは木の壁だとか。2代目は第二次世界大戦の時、米軍の空襲によって爆撃されましたが、昭和30年代に再建されました。
b0326483_21373134.jpg

 城に上るまで、迷路のように石の城壁が続いています。これは初期の頃の石壁で、比較的なだらかで、小さな石を積み上げた「のづら積」です。
b0326483_21380253.jpg

 文字だか模様だかわからない説明版があります。この城を築いた石工さんたちが、自分たちの納めた石にマークをつけたのだそうです。
b0326483_22345805.jpg
 マークが読み取れます。
b0326483_22350106.jpg
 和歌山城を一回りして、駐車場のある南の門から退出しました。雨がひどくなったので、ちょっと休憩をかねてランチタイムとします。
 ランチのあと、ここで転べば3年しか生きられないという三年坂をとおり、刺田比古 岡の宮神社へむかいました。
b0326483_22350650.jpg
 刺田比古神社の祭神は、道臣命(みちのおみのみこと)と、大伴佐氏比古(おおとものさでひこ)命です。「日本書記」の神武天皇編で、神武が那智の海岸へついた時、丹敷戸畔(にしきとべ)と戦い、毒気をあびて倒れてしまいます。高倉下命(たかくらじのみこと)の夢に天照大神が現れ、フツノミタマという剣を授かり助けに行きます。翌朝目が覚めた神武は中つ国へ向かいますが、山が深くて進むことができないでいる時、八咫烏が現れ中つ国へ導きました。その時の郷の導きの者(国つ神)が大伴氏の祖となったと、日本書記に記載があります。のちに道臣(みののおみ)として神武に仕えることになります。
b0326483_21381793.jpg
 今日は七夕でした。万葉の歌碑がありました。大伴家持の歌です。家持の祖が大伴佐氏比古なのです。 
b0326483_21382970.jpg

 岡公園の西南の地に「父母状の碑」の石碑が建っています。豊臣秀吉が朝鮮を攻めた時、連れてこられた儒学者の李真影と李梅渓親子を、初代藩主徳川頼宣が紀伊国に招き、学問の師と仰ぎました。李親子は韓国の貴族であったそうです。 父母状は頼宣が李梅渓に教えを乞いながら作成し、その後全国の寺子屋の教科書をなりました。「父母に孝行し・・・」と、人が生きる上で大事な法を説いた内容です。
b0326483_21385342.jpg


[PR]
# by kigaaris | 2017-07-09 23:11 | 海南・万葉の会 | Comments(0)

一ノ瀬王子~滝尻王子へ-1/興禅寺

 6月15日(木)9時30分ごろ、上富田町の市ノ瀬橋で車の移動組と待ち合わせ、少し歩いて興禅寺へ向かいました。16名が参加。梅雨とは名ばかりのとても良いお天気でした。
 興禅寺の達磨像も微笑んでくれている気がします。
b0326483_21361912.jpg
  屋根の上にまた屋根が・・うだつです。かつて、米をたく煙がこの小さな屋根から上っている家は「うだつが上がった」のだそうです。 
 手前の木は「タラヨウ」です。古い時代、この木の葉に文字ををかいて送ったことかが葉書の語源です。
 このあと、寺の後方にある借景の庭園を拝見し、お隣の大耕庵のお庭も拝見しシャラの木の花を見せていただいて、富田川(旧岩田川)沿いに鮎川王子に向かってに歩きました。
b0326483_21362257.jpg
  壮大な景観が広がっています。熊野古道は平安時代にはこの岩田川の中を垢離をしながら歩いたのだとか。川そのものが古道でした。
 修明門院の熊野詣での時、大水が出て女官たちが流されて亡くなったとの記載があります。それ以降は「御氷場」をつくり、岩田川に装えて垢離をしたそうです。熊野参詣者にとって、水の中を通る垢離は絶対的に必要だったことがうかがえる話ですね。 
b0326483_21363027.jpg
  一の瀬王子です。藪中王子、清水王子とも呼ばれています。地名は市の瀬ですが。
b0326483_21362609.jpg

 今年は空梅雨のようです。雨が少ないので富田川には水量がありません。山あいの道を歩きます。 
b0326483_21363483.jpg

[PR]
# by kigaaris | 2017-06-18 09:06 | KIGA・熊野古道歩こう会 | Comments(0)

一の瀬王子~滝尻王子へー2・大塔宮伝説の地、鮎川王子

 青い空と緑の山と、川幅の広い岩田川。ほかには何もない。ここでしか見られない景色です。古道は上富田から大塔村へと続いています。
b0326483_22145473.jpg
 庚申さんが祀られていました。地元の人の手で綺麗に整備されています。人の身体にすむサンシという虫が夜中に天帝に、その人の行状を告げにいくので朝まで寝ないでお祀りしたと伝わっています。台座に3匹の猿が描かれていることがあります。
b0326483_22145845.jpg
 随分歩いた気がします。標識に従って橋を渡り、少し歩くと観光案内所の看板がありました。近づいてみると「熊野百間渓谷自然・・・」と書かれています。
 今日はここでお弁当をいただくことにしましょう!暑い中を歩いてきた者にとって冷房完備の室内はまるで天国のようです。
b0326483_22150144.jpg
 まだまだ先は長い。百間渓谷の家に別れを告げて再び歩きはじめました。
 国道322号線沿いに「大塔宮劔神社」の石碑が立っています。傍に「鮎川王子社址」の碑が並んでいます。
 かつて、ここに王子社と大きな敷地がありましたが、岩田川の流れが姿をかえて、いま往時をしのぶことはできません。
b0326483_22150577.jpg
 鮎川の地名は会う川が語源です。岩田川にかかる橋を渡り、田辺市と書かれた大塔村の看板をみながら、もう一度橋を渡ります。
 民家の中をぬけると住吉神社につきました。明治9年(1876)、鮎川王子社を合祀し、明治40年(1907)、劔神社を合祀しました。劔神社のご神体は劔で、後醍醐天皇の皇子の大塔宮護永親王を祀っています。
b0326483_22151250.jpg
 住吉神社の社叢は和歌山県指定の天然記念物です。特に「おがたまの木」は単独で県指定天然記念物となっています。境内の右手の槙と無患子(むくろじ)は幹がくっついていて「夫婦樹」と呼ばれているのだそうです。
b0326483_22532469.jpg

[PR]
# by kigaaris | 2017-06-17 23:00 | KIGA・熊野古道歩こう会 | Comments(0)

Musical 「アラビアン dream story-君だけの大切な人ー」稽古風景

 6月25日(日)海南市の南野上小学校で劇団KCMの公演「アラビアン dream story」があります。本番が近づき、今日も体育館で稽古がありました。
b0326483_23204013.jpg
 椿さんはバラク王国のナディア王女で出演します。ある日、王女から平民の服装で町にでかけます。
b0326483_23210871.jpg
 ランプの魔人ルカ役のリーヤさん。
b0326483_23215273.jpg
 ナディア王女の忠実な従女役の2人(左から仲岡さんと華ちゃん)
b0326483_23211969.jpg
 アラジンの仲間ヤワンとルタに西さんと佳奈ちゃん。
b0326483_23214846.jpg
 ナディア王国ののっとりを企んでいる大臣のザラーム役に中西さん。その手下のレイラ役に裕子さん、ベルガ役に江川さん。
b0326483_23213756.jpg
 バラク王国の女王役の池田さん、白い衣装で登場します。
b0326483_23491515.jpg
 物語は語り手のマーシャ(木村さん)から始まります。
b0326483_23494422.jpg

[PR]
# by kigaaris | 2017-06-12 00:06 | 劇団KCM | Comments(0)

熊野古道・市ノ瀬王子から富田川に沿って歩く

熊野古道歩こう会 2017年6月のご案内

 
興禅寺から滝尻へ 富田川にそって歩く

 中世、熊野古道の参詣は岩田川(現富田川)の中を禊をしながら、一之瀬、二の瀬と辿って歩いたと伝わっています。現代は川の周辺に古道が整備されています。ダルマ寺とよばれる興禅寺に、四季折々の花が咲いています。6月は古道沿いに花とお地蔵さまを見ながら歩きましょう。

b0326483_22501310.jpg
            写真は興禅寺の達磨像(平成24年11月撮影)

【日 時】 6月15日(木)8時45分
【集 合】 JR田辺駅(8:50発路線バスに乗ります)
【コース予定】田辺駅で路線バス乗車➡市ノ瀬➡興禅寺(だるま寺)➡一之瀬王子➡鮎川王子➡住吉神社➡ほくそぎ橋➡清姫の墓➡滝尻王子(約11km、平地)
 
【持ち物】  飲料、お弁当、雨具、タオル、着替えのシャツなど。
【参加費】  500円(資料代、郵送料など)
【申込方法】 葉書、Fax、e-mail 等で以下にお申込み下さい。
 ※参加人数により、貸切バスまたは車に乗り合わせる場合があります。お早い目にご予約下さい。
 ※当日、朝6時に警報でた場合は延期とさせていただきます。

【申込先】  640-0302 和歌山市永山83-5 (東)
       ℡・fax 073-478-2711
       e-mail kiga@silk.plala.or.jo  
  KIGA熊野・高野国際語り部の会 
 
 

 新しくKIGAのblog開設しました。合わせてご覧ください。http://wakigaaris.exblog.jp/

 以下は平成24年11月撮影、市ノ瀬~滝尻へ向かう古道の風景です。
 
b0326483_22502138.jpg
b0326483_22502583.jpg
b0326483_22503496.jpg
b0326483_22503702.jpg

[PR]
# by kigaaris | 2017-06-02 23:47 | KIGA・熊野古道歩こう会 | Comments(0)

劇団KCM公演 「アラビアンdream story」

劇団KCM公演のお知らせ

 『Musical アラビアン dream story 』
-君だけの大切な人ー


 原作 千一夜物語「アラジンと魔法のランプ」より
 ※脚本/演出/振付  Ri-ya
【日時】 平成29年6月25日(日)15:30開城 16:00開演
【会場】 南野上小学校体育館
【出演】 椿 悠/有嶋華子/池田多美/江川望/菊井佳奈/木村規代/辻 典弥
仲岡由佳/中村李弥/なか裕子/西 知美/中西弘和(ふるさと劇団海南座)
【入場費】 無料
【主催】南野上人権尊重推進委員会・南野上公民館

b0326483_22053797.jpg

    4月16日、稽古が始まりました。

b0326483_23100202.jpg
     ま ずは台本読みから。
b0326483_23095965.jpg
    6月3日の稽古風景。アラジン(辻 典弥)とナディア姫(椿 悠)との出会いのシーン。
b0326483_23193929.jpg

    全員で踊ります。
b0326483_23191559.jpg


    カラフルな衣装をまとった4人はどんな役?
b0326483_23195636.jpg

    ちょっと変わった組み合わせの3人。
b0326483_23201011.jpg

    主役のアラジンとナディア姫。歌って踊ります。
b0326483_23220300.jpg


[PR]
# by kigaaris | 2017-05-27 22:22 | 劇団KCM | Comments(0)

熊野古道・潮見峠越えー6 秀吉の熊野攻めの戦場あと!

 潮見峠に着きました。素晴らしい景観が広がっています。 
 古道はここから滝尻へ続いているので、参詣者たちが海を見ることができる最後の地点、ということから潮見峠の名がついたそうです。 
b0326483_22093123.jpg
 「史跡潮見峠」の標識は新しい時代のもので、「為兵乱四百年記念」と記されています。 
 天正13年(1585)、豊臣秀吉の熊野攻めにより地元の土豪たちが全滅したと伝わっています。この地方での戦国時代が終わった時でした。
b0326483_22093508.jpg
b0326483_22122677.jpg
 360度パノラマの景色が広がっています。
b0326483_22132841.jpg
峠には小さな休憩所とトイレが設置されています。
b0326483_22124057.jpg
  下りは林道を約5km歩きます。コンクリート道ですが、周辺の草木を眺めながら歩けば楽しいものです。途中で珍しい花を見つけました。もしかして「ヒトリシズカ」? これだけ沢山群生しているのは初めて見ました。
 (その後、調べた結果、この花はシライトソウでした。訂正します。)
b0326483_22133830.jpg
b0326483_22134133.jpg

[PR]
# by kigaaris | 2017-05-20 22:42 | KIGA・熊野古道歩こう会 | Comments(0)

熊野古道・潮見峠越えー4 水吞茶屋跡から捻木へ

 ひるね茶屋で昼食のあと、集合写真をとりました。これは須川さんの撮影版。
b0326483_20322826.jpg
 こちらは東の撮影版です。他の皆さん、まったく同じポーズですね。
b0326483_20322523.jpg
 お滝さんの案内版がありますが、現在はここに滝は流れていません。かつて滝があったようです。
b0326483_20323895.jpg
 少し歩くとありました。滝です。
b0326483_20324531.jpg
 近づいてみました。裏山がそれほど深くないようなのに何処から流れてきているのでしょうか?
b0326483_20324808.jpg
 上り坂が続いています。皆さん、次第に寡黙になってきました。
b0326483_20330308.jpg

[PR]
# by kigaaris | 2017-05-20 21:50 | KIGA・熊野古道歩こう会 | Comments(0)

熊野古道・潮見峠越えー5 清姫ゆかりの捻木の杉

 捻木峠の捻木の杉です。その昔、真砂の里に住んだ清姫が恋しい安珍を追いかけて、この杉の木に登ったと伝わっています。
b0326483_20330765.jpg
 近くに首のない役行者の石仏が立っています。この潮見峠越えの古道には役行者の像が数か所あります。山岳修験道者たちの修験の場であったと推測できます。
b0326483_21185357.jpg
 捻木峠で眼下の景色を楽しむことができます。大自然の懐にいることを実感するひとときです。
b0326483_21185646.jpg
中の峠の一願地蔵さん。
b0326483_21190032.jpg

 あちこちに小さな滝が流れています。周辺は水資源が豊かな所です。
b0326483_21190308.jpg

 潮見峠の頂上付近には樹木がありません。近年の豪雨災害で流されたようです。峠への道は遠いと感じながら歩きます。
b0326483_21190668.jpg


[PR]
# by kigaaris | 2017-05-20 21:39 | KIGA・熊野古道歩こう会 | Comments(0)

熊野古道・潮見峠越えー3

 「関所跡から水吞茶屋跡まで約1kmの道はかなり急坂です。途中、田辺湾を見下ろす景色にしばし、休憩タイムをとりながら歩くのがお勧めです。
b0326483_20321360.jpg

 着きました。15年ほど前、ここを歩いた時には何もない荒れ地でしたが、今は綺麗な建物が建ってます。熊野古道が世界遺産となったので整備されたそうです。
b0326483_20320460.jpg

 「ひるね茶屋」の看板です。ここでお弁当を頂きました。運よくオーナーさんがおられてコーヒーのオセッタイをいただきました。セルフサービスですが、とても美味しかったです。
b0326483_20320006.jpg

 今日は役行者さんも同行しています。法螺貝の音に熊野古道の雰囲気十分です。
b0326483_20322059.jpg

[PR]
# by kigaaris | 2017-05-20 21:30 | KIGA・熊野古道歩こう会 | Comments(0)