東 道のきのくに花街道

ariskiga.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

紀伊国のあけぼの 紀伊風土記の丘~鳴神社~竈山神社へ

古代人をさがすー1 紀伊風土記の丘~鳴神社へ

 和歌山に人が住み始めた年代は?どんな人がいたのだろうか?などなど、古代人への疑問はつきません。そこで8月の現地講座は和歌山市内を探して歩くことにしました。 
 8月25日(金)、午前10時、KIGAのメンバー6名が紀伊風土記の丘に集合し、学芸員さんのお話をお聞きしました。
 資料館には県内で発掘された遺跡古墳が展示されています。縄文時代、弥生時代、古墳時代そしてその後に続く時代の展示物から、人の生活様式、祭礼用具(銅鐸など)の変化がわかります。 

 これは今から1500年ほど前の復元竪穴住居です。和歌山市内の鳴神音浦遺跡から発掘されたものを復元したものです。竪穴住居とは地面をくりぬいた半地下式のもので、広さは約14畳ほど。4~5人が住んだようです。
 竈や食べ物の貯蔵庫があり、現代人でも住めそうな気がします。
b0326483_00294612.jpg

 前山46号墳です。説明版によれば、6世紀後半に築造されたもので、前山A地区最大の円墳です。直径27メートル、高さ8メートル。墳丘内に長さ8,5メートルの横穴式石室があります。墳丘上から新羅系陶器時の高杯が4個出土していて、この古墳の被葬者は朝鮮半島と繋がりがあった人物だということがわかるとのことです。 
 私たちも中に入らせていただきました。今日も暑い日でしたが、中はひんやりしてとても涼しかったです。
b0326483_00303803.jpg

 道沿いに万葉の花が咲いていました。これはヘクソカズラですね。ヒオウギも咲いています。
b0326483_00305090.jpg

 涼しい園内でお弁当をすませて、午後は鳴神社へ向かいました。歩いても行ける距離ですが、暑いので今日は車で移動です。
b0326483_00305819.jpg

 鳴神社の前に「鳴武神社」の祠があります。この社は和歌山市内でも古い宮で、5世紀ごろの創建です。祭神は「タケミカズチノミコト」で、別名「壺の御前」と呼ばれています。
 伝承によれば、この地面の下から酒樽が発見され、中央アジアのクシャン(亀茲王国)の王女が酒造りを日本に伝えたそうです。
 かつて大きな社がありましたが、天正年間の兵火により社は喪失、紀州徳川家により社殿のあと地に「鳴武神・庚寅」と書かれた碑が建っています。
b0326483_00320002.jpg

 鳴神社は溝口上下神として、2つの祠があります。縄文時代、紀の川から水をひく、分水に成功した豪族で、近くから音浦遺跡が発掘されています。鳴とは古代朝鮮語で水がヒタヒタなるの意味だそうです。
 祭神はアメノフトダマノミコトです。天照大神の天岩戸神話に登場する神さまで、神籬(ひもろぎ)を持って立っています。 この近くに忌部の地名が残り、倭国の初期の時代、祭礼を司った一族であったようです。 
b0326483_00322006.jpg

 鳴神社から西に移動し、竈山神社にやってきました。門の近くの川に「雄詰橋(おたけびはし)と書かれています。神武天皇の兄君の彦五瀬命(ヒコツセノミコト)が、矢傷を負ってここまで来ましたが、毒矢であったようで、その傷がもとでこの地で亡くなりました。身分の卑しい者によって死ぬのは悔しいと、雄叫びをあげたことが、この橋の名前の由来です。
b0326483_00322767.jpg

 竈山神社で宮司さんのお話しを聞くことができました。 
 倭国の初代天皇の神武天皇の兄君の彦五瀬命(ヒコイツセノミコト)の御陵が後方にあり、その上にお社があります。これは拝殿です。
 明治の始めに官幣大社となりましたが、それまでは小さなお社があっただけだそうです。
b0326483_00324253.jpg

 拝殿から社へ続く階段が見えます。
b0326483_00323279.jpg

 拝殿後方にも立派な建物があります。
b0326483_00323770.jpg

彦五瀬命の御陵(みささぎ)です。
b0326483_00330159.jpg

[PR]
by kigaaris | 2017-08-27 02:11 | KIGA・熊野古道歩こう会 | Comments(0)

早寝早起き朝ごはん

  毎日暑い日が続いています。今年の夏は酷暑という言葉で表されています。
  南野上公民館では子ども達が地域の人たちとふれあうことを目的に、毎週水曜日の放課後「わくわくルーム」を開設しています。
  夏休みには水曜日の早朝、「早寝早起き朝ごはん」があります。今年も元気に子どもたちが集まってきました。

  第1回目は7月29日(水)、午前7時集合。まず館長から子ども達へのお話しがあり、ラジオ体操からはじまりました。
b0326483_12122584.jpg
  早くやってきた子ども達。早く来る子もいれば、時間ギリギリに来る子どももいます。
b0326483_12123232.jpg
  ラジオ体操のあとは、伝統の踊り「亀の川念仏踊りの稽古」です。
  南北朝の時代、大阪四条畷の戦いに敗れた楠正成の嫡男正行の家臣、佐々木某という人とその一族が、南野上に逃れて住みつきました。先祖の供養と平和が長く続くことを願って踊り伝えたそうです。
  地域の女性たちによって踊り伝えられてきましたが、昭和の末頃から途絶えていたのを、公民館と小学校の協力にいって復活しました。南野上公民館の民謡教室とバレエエクササズ教室で稽古をしています。
  夏休みには小学校で子ども達が稽古します。
b0326483_12124559.jpg
  ラジオ体操と伝統の踊りの稽古のあとは、朝ごはんタイムです。
  今日のレシピは ①煮魚 ②夏野菜の肉そぼろあんかけ  ③味噌汁 ④おにぎり です。②の夏野菜は蒸したじゃが芋、焼き茄子と、そぼろ煮は鶏ひき肉とピーマン、椎茸、人参、トマトを混ぜた、あっさり味のトマトソースです。子ども達はこの料理が好きなようです。
b0326483_12130494.jpg
 お父さんも交じって、仲良く話しあいながら頂きます。
b0326483_12130059.jpg
 8月2日(水)午前6時50分、今日は早く来た子どもが増えました。早く来る子はいつも、ほぼ同じメンバーですが
b0326483_12154136.jpg

 館長から「夏休みも早く起きて、元気に過ごしましょう」と励ましの言葉をいただきました。 館長はじめ、校長先生、教頭先生がいつも、この行事に参加して下さっています。
b0326483_12154639.jpg

  青い空、緑の山々、緑の芝生のある南野上小学校は自然環境に恵まれた所です。
b0326483_12155452.jpg

「亀の川念仏踊り」の稽古。太刀踊りと扇踊りがあります。扇の中に手をいれるのは、低学年にはちょっと難しそうですね。
b0326483_12160112.jpg

 運動のあとの朝ごはん。
 今日も野菜たっぷりです。たくさん食べて元気に夏を過ごしましょう。
b0326483_12161649.jpg
 今日のレシピは ①野菜入りハンバーグ、トマトソースかけ(合いびき肉、椎茸、人参、ピーマン、玉ねぎ、トマトジュース) ②コールスローサラダ(キャベツ、人参、カイワレ、トウモロコシ、レーズン)③梅風味フルーツゼリー(梅ジュース、みかん缶、キーウイ)④スイカと、おにぎりです。

 この日のために、前日から厨房に入り、汗をかきながら料理の手伝いをしていただいた地域の皆さまに感謝です。あと1日頑張りましょう。

b0326483_12161909.jpg


[PR]
by kigaaris | 2017-08-07 13:06 | 公民館活動 | Comments(0)