東 道のきのくに花街道

ariskiga.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2017年冬公演ー2「星のキセキ-少年だった頃の君へー」

 星の王リゲル(有本勝則)と王妃スピカ(池田多美)の指令のもと、宇宙の平和をまもるスターダストのメンバー達。
b0326483_21480046.jpg
 王妃スピカ役の池田さん。アルの母親と2役で出演。
b0326483_21483860.jpg
 親友レオンを探すために出かけた星めぐりの旅で出会ったへんてこな大人たちの一人、うぬぼれ屋の男に有本さん、星の王と2役。
b0326483_21482492.jpg
 薔薇の星の姫ローザ(有嶋華子)の恋人レグルス(中西弘和)、ローザの従女(木村規代)
b0326483_21480754.jpg

木村さんも、星を数える実業家の女と2役です。
b0326483_21482878.jpg

 薔薇の星の姫にあい、姫との友情が芽生えたアル。しかし、ここでもレオンを見つけることはできなかった。 
b0326483_21483255.jpg

 家では母と姉が心配していた。姉のシモーヌに江川望さん。
b0326483_21490391.jpg


[PR]
by kigaaris | 2017-01-29 23:02 | 劇団KCM | Comments(0)

2017年冬公演・日方地区で「星のキセキ~少年だった頃の君へ~」

2017年1月29日14時~、海南市民会館で「Musical 星のキセキ―少年だった頃の君へー」の公演をしました。

 原作=サンテグジュペリ。脚本、演出、振付/Riya。
主催は日方地区人権尊重推進委員会、日方公民館、日方地区婦人会。
b0326483_21465066.jpg
 12名の出演者たち。
b0326483_21473558.jpg
 作家のアントワーヌ(アル)はクリスマスに子ども達にむけてどんな話を書こうかと悩んでいた。そんな時、彼が子どもの頃に書いた本を妻のコンスエロが見つけてきた。その本をきっかけにアルが幼い日に体験したことを思いだす。
 アントワーヌ・ド・サン・テグジュペリに和佐祐一郎。コンスエロに有嶋華子。
b0326483_21475277.jpg
 主演のアル(アントワーヌの子ども時代)に仲岡由佳。
b0326483_21474842.jpg
 戦争で生き別れになってしまった親友レオンを探すために空の世界にきてしまったアル。そこにはスターダストと呼ばれる宇宙の平和を守る人たちが居た。スターダストの一員たち。左から菊井佳奈、川田将也、坂口祐美。
b0326483_21475660.jpg
 アルはそこでレオンそっくりな青年シリウスに出会う。シリウスに中村李弥
b0326483_21485669.jpg

[PR]
by kigaaris | 2017-01-29 22:28 | 劇団KCM | Comments(0)

3年目の大雪

 本州最南端の和歌山県に雪が降りました。実はこのブログを開設したのが3年前。その時の写真を下の頁にトラックバックしましたので見て下さい。↓↓↓
 2014年2月の大雪の日でした。

 今年(2017年)の写真。山茶花も寒そう!!
b0326483_19582816.jpg
 午前8時、庭の草花も突然の雪に驚いているようです。
b0326483_19583240.jpg
 窓の外の景色。かなり積もっています。
b0326483_19583566.jpg
 12時30分。そろそろ出かけなくては・・・。車スリップしないかな?
b0326483_20013500.jpg

[PR]
by kigaaris | 2017-01-24 20:22 | おたより | Comments(0)

大雪の日

雪景色
[PR]
by kigaaris | 2017-01-24 20:08 | おたより | Comments(0)

熊野古道 田辺市/闘鶏神社

 闘鶏神社の創建は大変古く、熊野本宮の別当湛快(湛増の子)が熊野三山の要所である田辺を本拠地として勢力を広めていった。
 源平合戦の折、湛増が檀の浦に出陣するに臨み、紅白7羽の鶏を戦わせて神意をうかがった話が有名。闘鶏神社の名の由来であるが、ほかに新(いま)熊野神社とも呼ばれる。祭神はイザナミ命と熊野三山16神を祀る。

b0326483_20482953.jpg

 800年ほど前、源義経の家臣で日本一の強さを誇った弁慶は田辺の熊野別当の子として生まれたと伝わっている。境内に義経と弁慶の像が建つ。毎年7月に「笠鉾祭」が開かれ、山車や衣笠が練り歩き囃子を競う。また近年、9月に「弁慶祭」が行われている。
b0326483_20483330.jpg
境内の大きな木は楠?
b0326483_20483691.jpg

 神社の鳥居の前に弁慶誕生の地との標識が建つ。ここから田辺の駅まで徒歩10分。
b0326483_20482604.jpg


[PR]
by kigaaris | 2017-01-23 21:05 | KIGA・熊野古道歩こう会 | Comments(0)

熊野古道 田辺市の出立王子~八立稲神社へ

江川の児童公園から210号線に出ます。さらに民家が並ぶ道をぬけて、会津橋の手前の道を左折し上野山台地に上ると、途中に出立王子が建っています。時代とともにその社地が変わっているそうです。

 大宝元年(701)10月、持統・文武両帝が紀伊行幸の時、随行の者が詠んだ歌が残っています。境内の説明版が建っていましたが、歌碑はありません。

  わが背子が 使いこむかと 出立の この松原を 今日か過ぎなむ                             
                           (巻9-1674)
b0326483_20470113.jpg
 出立王子の後方の上野山台地は八王子山とも言われ、豊臣秀長の家臣の杉若越後守の居城あとでした。
 出立王子は明治5年村社となり、明治40年(1907)付近の八王子、稲荷神社と合祀されて八立稲神社となりました。
 現在の八田稲神社は上野山台地にある田辺第3小学校の登り口に鎮座しています。祭神は月読命(ツクヨミノミコト)、本地仏は11面観音です。
b0326483_20470454.jpg

 登り口の階段付近にこんなかわいい狛犬があります。「あ」は物事のはじまりで。
b0326483_20470721.jpg
「ん」は物事の終わりを表しているとか。
b0326483_20471009.jpg

 八立稲神社の登り口に飯尾宗祇の記念碑が建っています。田辺で生まれたと伝わる短歌の名匠、宗祇と玉木香風を中心とする宗匠たちが「宗祇庵」を名乗り、記念碑を建てたのだそうです。
b0326483_20475992.jpg

 合津橋をわたり田辺市内の商店街へと歩きます。ここは「さかえ通り」です。
b0326483_20480239.jpg

 「左くまのみち 右きみいでら」の標識は熊野古道のあちらこちらで見かけます。もうすぐ闘鶏神社です。
b0326483_20480938.jpg


[PR]
by kigaaris | 2017-01-23 20:34 | KIGA・熊野古道歩こう会 | Comments(0)

熊野古道 天神崎

 雨予報でしたがとても良いお天気になりました。寒くもなく歩くと汗ばむくらいです。思いきって(皆さんの了解を得て)ナショナルトラスト運動で有名な天神崎を周ることにしました。
b0326483_20454929.jpg
 13時30分、目的の田辺はすぐ近くです。余裕をもって歩くことができました。やっぱりスタートの時間が早いと良いことがありますね。天神先へ来るのは何年ぶりでしょうか?
b0326483_20461402.jpg
 逆光ですが、記念写真を撮りました。撮影者は誰でしょうか?
b0326483_20461852.jpg
 小春日和を猫たちも楽しいでいるようです。
b0326483_20463240.jpg


 田辺湾が見えてきました。でも、ここからが結構遠いのです。そろそろ皆さん

足が疲れてきて、速度が落ち始めています。
b0326483_20463570.jpg


 江川児童公園につきました。潮垢離浜跡の碑があります。建仁元年(1201)

後鳥羽院の熊野詣でに随行した藤原定家が書いた「後鳥羽院熊野御幸記」にこの浜で潮垢離をとったと記載があります。
b0326483_20463891.jpg

[PR]
by kigaaris | 2017-01-19 23:04 | KIGA・熊野古道歩こう会 | Comments(0)

熊野古道 南部~芳養~田辺へー3

 芳養王子をあとに路地を南に向かいます。蝋梅が盛りでした。とても良い匂いがします。
b0326483_20453495.jpg
 数百メートル歩くと右手に大きな榎がそびえています
b0326483_20454306.jpg
 「塚の地蔵さん」と呼ばれる一里塚地蔵と青面金剛像(庚申)の祠です。
b0326483_20454042.jpg
 「牛の鼻地蔵」
b0326483_22283016.jpg
 芳養王子から1,5kmほど歩き、目良交差点で右折し目良漁港へ向かいます。途中、海の中に鳥居が建っていました。
b0326483_22373601.jpg

[PR]
by kigaaris | 2017-01-19 22:38 | KIGA・熊野古道歩こう会 | Comments(0)

熊野古道 南部~芳養~田辺へー2

 国民宿舎は海沿いの高台にあり、入口の駐車場の一隅に万葉歌碑が建っています。大宝元年(701)10月、持統、文武両帝が紀の温湯に行幸された時、供の人が詠んだ歌。揮毫は中川長三郎氏。

 みなべの浦 塩なみちそね 鹿島なる 釣する海人を 見てかえりこむ (万葉集巻9-1668)
b0326483_20451350.jpg
 ふたたび国道に沿った道を約3km歩きます。途中、こんな花を見つけました。
b0326483_20451743.jpg
 この道は車の交通量が少ないので安心して歩くことができます。道路の真ん中にウミガメの模様の蓋がありました。
b0326483_20452090.jpg
 松井橋を渡り道標をみて右へ。信号を渡るとすぐに芳養王子につきました。
b0326483_20452916.jpg
 扁額は大神社です。
b0326483_20453156.jpg

[PR]
by kigaaris | 2017-01-19 22:06 | KIGA・熊野古道歩こう会 | Comments(0)

熊野古道 南部~芳養~田辺へー1

 日本列島各地に大雪の被害をもたらした寒波ですが、幸い和歌山では大した雪にはなかったようです。1月の歩こう会は南部駅から歩きます。8時30分集合です。午前中は雨の予報が出ています。

b0326483_20421897.jpg

 南部高校の体育館と校舎の間にかかる橋(高架)の下を歩き右折して鹿島神社へ。南部駅から約700mほど歩きます。
b0326483_20422781.jpg
 拝殿は旧三鍋王子社から移築したものだそうです。祭神はタケミカヅチノミコトなど。
 鹿島神社は明治初めごろまでは海中島に鎮座する鹿島を、境内から遥拝していました。創建は大変古く、大宝元年(707)以後、太上大臣、文武天皇、持統上皇の紀伊国行幸の時に歌われた13首の中に鹿島大明神が歌われていることから、それ以前に祀られていたと推察できます。
 江戸時代の宝永と嘉永の大津波の時、海中の鹿島神社に火の玉があらわれ、波を左右にわけてこの村に津波がくるのを防いだとの記録が伝わっています。
b0326483_20423256.jpg
 鹿島神社の後方の民家の並ぶ道には古道の雰囲気が残っています。ここは愛宕社です。この地は埴田とよばれ、古くは埴輪を作る人たちが住んでいましたが、のちに瓦職人として各地に出かけていたそうです。 
b0326483_20423756.jpg
 沖に浮かぶ島が見えます。南部の地名の由来はこの島は三つの鍋をふさたように見えるからとか。この地点では二つにしか見えませんが。
b0326483_20424799.jpg
 民家の並ぶ道を抜け、国道に沿った道を500mほど歩き、道標をみて国道を渡ります。国民宿舎「紀州路みなべ」の看板を見て坂道を約500mほど海にむかって上がります。
b0326483_20450705.jpg

[PR]
by kigaaris | 2017-01-19 21:44 | KIGA・熊野古道歩こう会 | Comments(0)