東 道のきのくに花街道

ariskiga.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:本紹介( 2 )

「ANCIENT ROAD TO KUMANO &KOYA / 熊野・高野へのふるみち」(和英ガイドブック)残り少なくなりました。(本紹介)

 ユネスコの世界遺産に登録された和歌山県の熊野古道(中辺路)と高野山を和英のガイドブックとして紹介した本「ANCIENT ROAD TO KUMANO & KOYA」(熊野・高野へのふるみち・中辺路版)が残り少なくなりました。
b0326483_20565579.jpg
 平成16年(2004)夏、世界遺産となった熊野と高野山ですが、そこに至るまで多くの歴史研究者と地元のウオーカー達の並々ならぬご努力があったことは言うに及びません。

 KIGA(熊野・高野国際語り部の会)は平成16年12月に設立。代表の東 道が、これらの諸先生方とともに草木が生い茂る中を古道を探し歩き、学ばせていただいたことをこの本の中に集約しました。

 平成19年、和歌山県コミュニティビジネス創出支援事業として「中辺路版」を発行。
 平成21年、紀伊万葉ネットワークと共同で、国土交通省「新たな公」によるコミュニティ創出支援事業、平成18年度言語教育振興財団助成事業として「紀伊路版」を発行。現在、紀伊路版は完売となりました。

 大阪から、また和泉国と紀伊国の堺の雄の山峠から通して歩き、今回は9回目となります。何度歩いても歩くたびに違う発見があります。

 熊野・高野山は日本人のルーツとその文化を探る一つの扉である気がしています。
 これからも皆さまとご一緒に歴史の扉を開く旅を続けることができれば幸いです。

 『ANCIENT ROAD TO KUMANO & KOYA」(中辺路版)』
 【発行日】2007年2月17日 
 【発行元】KIGA 熊野・高野国際語り部の会           
 【編集責任者】 東 道
 【翻訳責任者】 関岡キャスリン
 【翻訳】(高野山・町石道)ショナサン・フィッシャー
 :定価 1,470円
 :連絡先 640-0302 和歌山市永山83-5 ℡ 073-478-2711
  e-mail kiga@silk.plala.or.jp (東)
  
b0326483_21044116.jpg

[PR]
by kigaaris | 2017-02-25 22:06 | 本紹介 | Comments(0)

あがらの和歌山シリーズ第8弾出版記念パーティ

 和歌山のええとこを紹介する本「あがらの和歌山 ええとこあらいしょ和歌山」シリーズ第8弾が刊行され、3月8日、アバロームきのくにで出版記念パーティが開かれた。
b0326483_22140448.jpg
 紀州文化の会(代表大江 寛氏)はこれまで和歌山のええとこを探して川柳や人間、古い写真集、歴史、地名、方言などをテーマに編集発行し、昨年10周年をむかえ、県知事賞を受賞した。「人生いろいろ」が2冊、「あがらの和歌山」が8冊目の刊行となる。

b0326483_22135603.jpg

  今回10冊目の内容は特に有名な人や歴史だけでなく、県内各地に伝わる伝説や神話、口伝なども掲載し、幅広い内容となっている。読んで面白く和歌山のいろいろを知ることのできる貴重な本だ。
b0326483_22135995.jpg
  内容の一部を紹介させていただくと、和歌山城あかずの門、日本最後の仇討、アルサロの話、いときり餅、歌声喫茶、お菊さんの皿、和歌山の方言、県民性、熊野比丘尼、和歌山の古戦場、さざれ石、などなど・・・私たち和歌山県人として知っておきたいこと、200話あまりを掲載している実は私も筒井洋和さんの紹介で2話、「有間皇子まつり」と「井澤弥惣兵衛」のことを書かせていただいた。海南市のウオーク万葉とミュージカルのことをPRさせていただき本当に有難いことである。勿論、記念パーティに参加させていただいた。
b0326483_22140166.jpg
この日、アバロームに集まったのは政界、財界で知られる人など和歌山の文化人たち430余名。和歌山のええとこを見直し、発信して行こうという主催者の挨拶に拍手を送った。  


[PR]
by kigaaris | 2014-03-13 22:08 | 本紹介 | Comments(0)