東 道のきのくに花街道

ariskiga.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:にいはり紀行( 5 )

小野小町の墓を訪ねて新治村へー5

 これが小野小町の墓です。どうやって入ったかって?それは言えません。
 平安時代の六歌仙のひとりで絶世の美女とうたわれた歌人 小野小町は旅の途中、土浦市小野地区(旧新治村)で病に倒れ亡くなったと伝わっています。小町の館周辺には小町が超えた峠道など数々の小町にまつわる伝説が残っています。 
 ところで和歌山市の雄の山(おのやま)峠から下った熊野古道沿いにも同じような話が伝わり、小町の墓があります。小野小町についての詳しい資料は残っていないようです。全国に伝わる小町伝説を集めてみたいと思い始めています。
b0326483_22031428.jpg
 3日目です。いよいよ帰省のときが来ました。3日間、長男と嫁さんと孫たちと一緒に過ごせたことが何よりの、私にとっては良い思いでとなりました。温かいおもてなしをして下さった嫁さんの家の家族の皆さんに感謝です。
 今日も良いお天気となりました。筑波山にお別れです。中央やや左奥のとがった山が筑波山です。
b0326483_22034221.jpg
さようなら、又くるからね。
b0326483_22033880.jpg
 
by kigaaris | 2014-12-30 00:08 | にいはり紀行 | Comments(0)

小野小町の墓を訪ねて新治村へ-4

 ちょうどその時、ハングライザーが頭上に飛んできました。ここはハングライダー達のメッカでもあったのです。気持ちよさそうに悠々ととんでいます。
b0326483_22032741.jpg
 一回りして入り口へ戻ります。小町の里と書いた石の標識がありました。ここから少し移動します。
b0326483_22033296.jpg
 小町の館と少し離れていますが、いよいよ「小野小町の墓」へやってきました。ところが運の悪いことにここから進入禁止となっています。えーっ、ここまで来たのに。
b0326483_22031018.jpg

by kigaaris | 2014-12-29 23:38 | にいはり紀行 | Comments(0)

小野小町の墓を訪ねて新治へー3

 次に訪ねたところは「小町の館」です。昔の水車小屋が目にはいります。
b0326483_22034599.jpg
森林浴の道と書かれた案内板がたっています。この辺りは山と田んぼに囲まれた自然がいっぱいの静かな環境です。
b0326483_22032985.jpg
本館は観光案内所となっています。向こうに見える山の中腹に「小町の腰掛石」があります。いよいよ小野の小町の伝説に近づいてきました。
b0326483_22031721.jpg
 本館の後方に見える山です。右側の建物は「おやすみ処」で、誰でも気軽に入って休めます。畳の部屋でお茶を一杯いただきました。
 ところで、めざす小野小町の墓はどこにあるのでしょうか?
b0326483_22031979.jpg



by kigaaris | 2014-12-29 23:24 | にいはり紀行 | Comments(0)

小野小町の墓を訪ねて新治村へー2

  さて、翌日から私はさっそく周辺の歴史探索です。幸い孫たちもママも冬休みなので息子の車にのせてもらって、一緒に行くことになりました。
 家の近くから順番に。ここは日枝神社です。 
b0326483_22030151.jpg
 「日枝神社は大同2年(807)、近江国坂本(現滋賀県大津市)の日吉神社の神霊を分けてまつったのが起源とされ、祭神は大山咋命(おおやまくいのみこと)で一般の沢辺の山王様と呼ばれています。・・・」との説明板が建っていました。明治のはじめの神仏混こう(神社合祀令?)により日枝神社と改められとのことですが、長男いわく、奥の方にある社殿でなにやら不思議なお祭りをおこなっていると。
 自称、歴史研究家としてはかなり興味がわいてきました。
 
b0326483_22030846.jpg

 心霊写真!!! そこにいないはずの私が映っています。いいえ、心霊写真ではありません。黒い磨かれた石が鏡となって撮影者の私が映ったようです。ちょっと面白い写真です。
b0326483_22055458.jpg
この社では古来、流鏑馬(やぶさめ)の祭りが行われたとの説明板です。嵯峨天皇の頃(810)の起源です。
b0326483_22030623.jpg

by kigaaris | 2014-12-29 23:06 | にいはり紀行 | Comments(0)

小野の小町の墓を訪ねて新治村へ

 見えました。新幹線の窓から見る富士山です。今日の富士山は綺麗です。
b0326483_22023603.jpg
 少し雲が出てきました。それもまた美しい眺めです。12月26日、茨城県の長男の所に行く途中で見た景色です。時間は・・・ええっと、和歌山を午前8時30分ごろ出発し、東京駅から山の手線に乗り換えて秋葉原駅についたのが13時30分だったから午前11時ごろでしょうか?


b0326483_22024460.jpg
 午前7時50分、貴志川線の山東駅から乗りました。近くに住みながらこの駅から乗ることはほとんどなくて、いつもは伊太祁曽駅から乗車します。
b0326483_22022958.jpg
 茨城の長男の家です。この辺りは少し前まで新治(にいはり)村でした。古事記や日本書紀にも地名が見られます。今は合併して土浦市となりました。でも私は新治の呼名が好きです。車で迎えにきてもらって午後3時ごろ着きました。以外に早く着いた気がします。
b0326483_22025236.jpg

by kigaaris | 2014-12-29 22:28 | にいはり紀行 | Comments(0)