東 道のきのくに花街道

ariskiga.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 5 )

熊野古道・田辺~稲葉根王子へー3 

 シキミの林が続いています。シキミは万葉集に記載があり、古代から日本に自生してる植物です。ここでは生垣のように群生しています。
b0326483_21210543.jpg
 菜の花ばたけを見ながらさらに古道を歩きます。
b0326483_21213199.jpg
岡阪トンネルから数キロ歩き八上王子神社に着きました。境内に西行の歌碑があります。
b0326483_21213740.jpg


 八上王子から車道に平行する古道を歩くと田中神社に着きました。南方熊楠が命名したオカフジの大木が鳥居に巻き付くように生育しています。神社の北側に古代の相賀ハスの池があり、夏には大きな花を咲かせます。

b0326483_21214008.jpg
 田中神社を過ぎ、国道に出て長いトンネルを潜りました。311号線と交差する道の手前を右折し細い道を歩くと稲葉根王子にでます。神社の前の石碑には「岩代神社」と刻まれています。岩田川に沿った王子社です。

b0326483_21214351.jpg
  
b0326483_21214647.jpg
 お天気が良ければ富田川(旧岩田川)の広大な景色を楽しむことができます。院政時代の熊野詣ではこの岩田川の中を水垢離しながら歩きました。一の瀬、二の瀬、三の瀬とたどります。古い時代、古道は岩田川の中を通っていました。バス停、市ノ瀬から田辺行のバスに乗りました。市ノ瀬は一の瀬です。
b0326483_21214883.jpg
 私たちが乗車した路線バスの中に携帯の充電器やIT機器のバッテーリー充電器が備わっていました。田辺駅までバスで移動し、ここからJRで帰ります。今日の徒歩距離27,000歩。距離にして約17kmでした。
b0326483_21215209.jpg

by kigaaris | 2017-03-27 22:29 | Comments(0)

2016 Musical 「有間皇子」-2

 このたびの出演者20名、裏方スタッフ4名。海南から初めての地区外公演となりました。
b0326483_20461598.jpg
 右側に塩屋連(しおやのむらじ)コノシロの和佐裕一郎さん、左側に坂井連薬(さかいべのむらじくすり)に今井くん、二役で出演です。
b0326483_20170392.jpg
 有間皇子役の正木吉紀さん。
b0326483_20171893.jpg
 しらら姫役の椿 悠さん。歌も踊りも素敵です。
b0326483_20174372.jpg

 コノシロ役の和佐くん。
b0326483_20172495.jpg

 薬役の今井くん。
b0326483_20172115.jpg


by kigaaris | 2016-09-08 21:01 | Comments(0)

2016 ミュージカル「有間皇子」稽古風景ー5

 衣装も新調しました。左から額田王(ぬかたのおおきみ)役のかなちゃん、中央が斉明天皇役の望さん、右側は間人皇女(はしひとのひめみこ)役の裕美さん。600年代の倭国の大御所たちです。
b0326483_00210591.jpg
 有間皇子役に正木さん、その恋人役に椿さん。素敵な組みあわせですね。
b0326483_23561971.jpg
 飛鳥の宮殿を造るための地方から集められた丁(よぼろ)たちが市部の有間の邸へ走るシーンは踊りで表現します。
b0326483_23562665.jpg
N0-4の頁の写真と同じ情景ですが、有間さまが加わりました。塩屋連コノシロ(和佐くん)と新田部米麻呂役に将也くん。左奥は中大兄役の中西さんです。
b0326483_23553912.jpg
 
by kigaaris | 2016-08-13 00:42 | Comments(0)

熊野古道・紀伊路 海南~宮原へー6 

 藤白峠の南面は上りよりさらに急坂です。熊野古道は車道の左手に、いきなり狭い道に入る所が3か所あります。小さい表示を見落とさないように注意が必要です。
b0326483_23354459.jpg
 橘本王子は阿弥陀寺境内にあります。境内の芝生を踏まないように気をつけましょう。
b0326483_23354784.jpg
 阿弥陀寺から右手(西)の山に向かって歩くと福勝寺の石段が見えてきます。石段手前の右の方に石碑があり、「六本樹橘創植の地」と書かれています。ここは六本樹の丘と呼ばれていました。
 垂仁天皇の時代、田道間守(たじまもり)が常世国(中国)から橘の木をもって帰り、6本をここに植えた伝説があり橘本王子の由来となっています。紀州温州蜜柑の発症の地ともされています。橘は非時香菓(ときじくのかぐのこのみ)と呼ばれていました。 
b0326483_23355596.jpg
 福勝寺へ登る石段の脇に石仏や卒塔婆が並んでいます。熊野古道沿いにあったのを集めたと思われます。
b0326483_23355913.jpg
 加茂川に架かる木の橋を渡ります。かつてここには土橋が架かっていました。北側にお地蔵さんが、南側には三界萬霊碑(寛政5年(1793)が立ち、武士から庶民まで行きかう交通の要所でした。
b0326483_23363626.jpg
 南側の石碑です。三界萬霊碑の文字が読み取れます。
b0326483_23364031.jpg

by kigaaris | 2016-06-07 00:15 | Comments(0)

雪景色

今年、南紀和歌山に数十年ぶりの大雪が降りました。私の永年の希望であったブログを開設しましたので、その写真を最初に載せることにします。
b0326483_17094296.jpg

by kigaaris | 2014-02-28 17:10 | Comments(3)