東 道のきのくに花街道

ariskiga.exblog.jp
ブログトップ

和歌山市内の神社と寺を訪ねて 花見をかねてウオーク下見-2

 報恩寺の桜が満開です。
 和歌山城の南、県立博物館の隣に位置する報恩寺は、はじめ要行寺でしたが、寛文5年(1666)紀州藩主徳川頼宜公婦人の瑶林院の菩提を弔うための寺として息子の光貞公が報恩寺と改めました。和歌山市内唯一の武士寺として親しまれてきました。
 瑶林院は加藤清正の長女で、八十姫と呼ばれていたそうです。
 寺から200mほど歩くと紀州藩主の家族のお墓が並んでいます。献花がなくて残念な気持になりました。
b0326483_21240683.jpg
b0326483_21241130.jpg
b0326483_22103189.jpg
b0326483_21241944.jpg
b0326483_22111814.jpg

by kigaaris | 2017-04-06 22:26 | 海南・万葉の会 | Comments(0)