東 道のきのくに花街道

ariskiga.exblog.jp
ブログトップ

熊野古道・田辺~稲葉根王子へ(高山寺)

 3月16日(木)午前8時50分、田辺駅に集合。田辺市内を北へ向かいました。
 蟻通神社のそばの道標をみて右折しJRの線路をこえて、次の交差点を左折し合津川にかかる橋を渡ると目の前に高山寺の石段が見えてきます。 
 高山寺は聖徳太子の創建、弘法大師が中興の祖と伝わっています。寺宝に長澤芦雪の書いた「寒山拾得」「柳と烏」があり、県指定文化財です。
b0326483_23362405.jpg
 田辺湾を見晴らす高台にあって、広い境内は綺麗に整備されています。
b0326483_23400241.jpg
 この辺りには縄文時代から人が住み、遺跡が残っています。境内にある縄文時代の貝塚群は国指定文化財。この六地蔵は石段を上がったところにあります。
b0326483_23363014.jpg
 そしてこの六地蔵は境内から墓地へぬける道沿いに立っています。こちらの方が少し時代が古いようです。
b0326483_23370934.jpg
 和歌山が誇る偉人、南方熊楠の墓です。熊楠さんは和歌山市生まれですが、英国に留学したあと田辺に住み、周辺の山野をかけめぐり研究を続けていたそうです。
b0326483_23371227.jpg
そしてこちらは合気道の植芝盛平の墓です。田辺には本当に偉人が多かったのですね。
b0326483_23371649.jpg


[PR]
by kigaaris | 2017-03-18 00:20 | KIGA・熊野古道歩こう会 | Comments(0)