東 道のきのくに花街道

ariskiga.exblog.jp
ブログトップ

熊野古道・紀伊路 印南~岩代へー2  ~切目王子~

 東光寺前からなだらかな丘をこえて歩くこと約2km、国道42号線を右に見て、車道を渡り、左手の路地に入ると切目王子神社に着きます。
 神社入口の近くに万葉歌碑が建っていました。ミラー化していて文字が見えにくいですが。

 切目山 行きかふ道の 朝霞 ほのかにだにや 妹に逢はざらめ                          
                       (万葉集巻12-3037) 
b0326483_22420691.jpg
 切目王子は熊野古道の九十九王子の中でも重要な五体王子の一つ。境内は叢林に囲まれ、ホルトの木は県の天然記念物に指定。

 平治元年(1159)、熊野参詣に訪れた平清盛がここまで来た時、平治の欄が勃発しました。ナギの葉を衣につけると幸運に恵まれるという信仰があり、清盛がナギの葉を袖につけて都に引き返したそうです。
 また1333年、大塔宮護良(おおとうのみやもりなが、もりよしとも)親王がこの地を訪れたと伝わっています。
 
b0326483_22420920.jpg
 12月なかばというのに、まだ紅葉が残っています。
b0326483_22421229.jpg

[PR]
by kigaaris | 2016-12-16 23:19 | KIGA・熊野古道歩こう会 | Comments(0)