東 道のきのくに花街道

ariskiga.exblog.jp
ブログトップ

熊野古道・紀伊路 御坊~印南へー3

 古道は国道42号線と合流、右手に紀州の海が開けてきました。晩秋の海には人の姿が見えません。今日はここで昼食タイムとします。
b0326483_21362032.jpg

 水産品のお店「はし長」さんにトイレをお借りしました。駐車場の入口右手に万葉歌碑が立っています。うっかりすると車に隠れて見落としそうです。

 吾が欲りし 野島は見せつ 底深き 阿古根の浦乃 珠そひろはめ (中皇命) 
b0326483_22281430.jpg

 国道を300mほど歩き民家の中へ。途中に「お首地蔵」の標識があります。さらに海岸に沿った道を歩くこと約2、5キロ、和歌山高専でトイレ休憩させていただきました。コンクリートの道はかなり足にきついですが、元気をだして再び歩きはじめます。 
 仏井戸の標識をみて、狭い路地をぬけ国道へ。
 
b0326483_22270713.jpg
 井戸の中に3体の仏像(阿弥陀如来坐像、地蔵菩薩立像、観音菩薩立像)が彫られていますが、普段は水の中にあり見ることができません。像の高さは約25cm。平成24年7月、和歌山県史跡文化財に指定。

b0326483_22254944.jpg

 周辺は綺麗に整備されています。熊野古道沿いにあった供養塔や石仏などが集められていました。
b0326483_22263958.jpg


[PR]
by kigaaris | 2016-11-20 23:05 | KIGA・熊野古道歩こう会 | Comments(0)