東 道のきのくに花街道

ariskiga.exblog.jp
ブログトップ

熊野古道・紀伊路 内原~道成寺~岩内王子へー5

 道成寺から西へ、海岸に向かう。川の手前の細い道をあるき右手に宮子姫の像を見て左折、車道を渡り湯川中学校の前を通って少し歩くと右前方に小さな林があり湯川子安神社につく。
 湯川(河)氏は南北朝時代、甲斐の武田方の武将であった。熊野の道湯川に住んでいたが、この地に進出し亀山城を拠点に活躍した。湯川子安神社はその居城あとで「小松原館」と称したそうだ。
b0326483_18233845.jpg
 この周辺には熊野古道の宿舎として「小松原の御宿」があったと思われる。「御所瀬」とも呼ばれ、この周辺は昔は瀬をなしており、海に近く松原があったことから「小松原王子」とも呼ばれていた。
b0326483_18235100.jpg
 街道筋の小学校の傍に九品寺がある。徳川吉宗の従兄、松平頼勝の終盤の地である。頼勝の供養塔があり大名塚と呼ばれている。
b0326483_18235529.jpg
 日高川に架かる野口新橋を渡り右折、住宅が並ぶ路地を西に向かってあるく。
b0326483_18240422.jpg
 道路わきに植えられたギンモクセイが朱色に輝いていた。
b0326483_18240715.jpg
 岩内王子に着く。天仁元年(1109)の宗忠の『中右記』に、日高川が増水し渡れなくて難渋している女房(女性)たちがいたので馬渡をつかわす、と記載がある。  
 『中右記』に岩内王子の記載がないが、定家は『御幸記』(1201)でイワウチ王子に参っている。
 『紀伊続風土記』には「也久志波」とあり、岩内王子の社地が水没したので、現在の岩内集会所の地に小社を建てたのが「焼芝王子」だという。当時は堤防もなくたびたび流れを変えていたと思われる。 
 15:30 平地ではあるがコンクリートの道は流石に足にこたえる。皆さん、少し疲れが出てきたようだ。「どうしますか?このまま西御坊駅へ向かいますか? 有間皇子の古墳へ行ってもいいですか?」の問いに全員が「Yes」の返事。それでは、と頑張ることにする。
b0326483_18241113.jpg

[PR]
by kigaaris | 2016-10-31 19:19 | KIGA・熊野古道歩こう会 | Comments(0)