東 道のきのくに花街道

ariskiga.exblog.jp
ブログトップ

きのくに万葉ウオーク「田辺と白浜を歩く」-1

 8月26日(金)「きのくに万葉ウオークと公演・有間皇子をたずねて 田辺~白浜を歩く」の第1日目です。午前9時30分、JR和歌山駅から専用バスがでました。
 13時30分、JR田辺駅で受付開始。懐かしいお顔が見えます。東京、横浜、滋賀県から万葉ファンが集まりました。県内では和歌山、有田、御坊、田辺、白浜など、各地からの参加です。この日の参加は32名でした。
b0326483_18352434.jpg
 今日は専用バスで移動します。マイカーの参加者もおられます。最初に訪れたのは三栖廃寺塔跡です。ここで馬場吉久さんの説明です。マイクがあるので、離れていても聞こえます。
b0326483_18353467.jpg

 白鳳時代様式の大寺があった三栖廃寺の塔の礎石を探しています。午後1時過ぎ。太陽が容赦なく照り付け厳しい暑さです。皆さん熱心に礎石を探してます。AD600年代、このような大きな寺を建てたのはいったいどのような人物だったのでしょうか?白村江(はくすきのえ)の戦いに参加した地元の豪族との説がありますが・・・。
b0326483_18352741.jpg

 三栖廃寺塔跡から熊野古道の三栖王子へ向かいました。Vスーパーの横の道を通り前方の小高い山に向かって歩きます。懐かしい香りがだよってきました。梅を干しています。のどかな風景です。
b0326483_18353751.jpg

 木陰は風が心地よく、歩くのが楽ですね。
b0326483_18354409.jpg

 熊野古道の標識があります。このあたりの古道は土砂崩れなどのため、道が続いていませんが、この道は熊野古道らしい雰囲気が残っていてほっとします。
b0326483_18355188.jpg

 三栖王子です。遠い昔、祭神が川の水に自分の姿を映して見ながらこの地に鎮まったとの伝説があります。女性の神様だったのでしょうか?熊野古道はここから先の道はいまは地盤が崩れて歩くことができません。(30年前は歩けたのですが・・・)残念です。
b0326483_18442614.jpg


by kigaaris | 2016-08-29 19:21 | 海南・万葉の会 | Comments(0)