東 道のきのくに花街道

ariskiga.exblog.jp
ブログトップ

梅雨の晴れ間に咲く花

 雨があがると、連日30度を超す暑さです。 
 2年前に植えたムクゲの花が空にむって伸びています。
b0326483_22524259.jpg
 赤い花が夏の訪れを告げています。子どもの頃から畑や路地のあちこちで見かけるこの花の名前はわかりませんが、自分で勝手に「キンギョソウ」と名付けました。
b0326483_22535436.jpg
 夏は赤い花が似合います。ノカンゾウ(ヤブカンゾウ)は万葉集にも歌われています。この花を見るとなぜか母を思いだします。産婆(助産婦)であった母は、常に庭に漢方の草花を植えていました。
b0326483_22543346.jpg
 植木鉢の中に1本だけ毅然と立つハマユウです。いつだったか、新宮の三輪崎で万葉交流会があり、その時海岸に咲いていたハマユウの種を3個拾ってきて育てました。
b0326483_22541457.jpg
 海南市阪井の万葉植物園に咲くハマユウです。こちらはコーナンで買った記憶があります。なぜだか、三輪崎のハマユウと形がまるで違います。
b0326483_22542591.jpg
 万葉時代にはアサガオと呼ばれていた桔梗です。毎年、少しずつ株を増やしています。
b0326483_22543738.jpg

[PR]
by kigaaris | 2016-07-02 23:16 | 花のある風景 | Comments(0)