東 道のきのくに花街道

ariskiga.exblog.jp
ブログトップ

熊野古道・紀伊路 海南~宮原へ 藤白峠/筆捨松

 藤白峠は頂上まで約2キロ。紀伊路で初めての急坂です。紀勢線(JR)が開通するまで、この道が官道でした。少々きついです。
b0326483_20525035.jpg
 ようやく10丁石仏。
b0326483_20525661.jpg
 少しなだらかの道もあります。この坂こえたら休憩したいところです。
b0326483_20530975.jpg
 筆捨松につきました。その近くに大きな石があります。硯石です。
 筆捨松は投げ松とも呼ばれ、次のような話が伝わっています。

 平安前期の仁和年間(885~888)、宮廷の絵師の巨勢金岡(こせのかなおか)が熊野詣の途中、この藤白坂で童子に出会った。話がはずんでお互いに絵を競うこととなり、金岡が松に鶯の絵を描き童子が松に烏の絵を描いた。金岡が手を打つと鶯が飛んでいき、童子が手を打つと烏が飛んでいった。次に童子が手を打つと烏が松にかえってきた。しかし鶯は返ることはなかったので、金岡は悔しがって筆を折り松の根元に投げ捨てたという。以来、その松が筆捨松と呼ばれるようになったそうな。
 童子は熊野権現の化身であった。烏はもちろん熊野の矢田烏かなと。 
b0326483_20555742.jpg

 遺跡「硯石」です。この石は400年ほど前、紀州藩主徳川頼宜公が「筆捨松」の由来にちなんで、大きな自然石に硯石の形を掘らせたと伝わっています。かつては筆捨松の根元に立てられていましたが、昭和58年の大水害で土砂とともに押し流されていたのですが、平成15年10月、藤白坂顕彰会により掘り起こし復元されました。古い時代、藤白炭は質が良くて高級品であったそうです。
b0326483_20532206.jpg


[PR]
by kigaaris | 2016-06-06 21:34 | KIGA・熊野古道歩こう会 | Comments(0)