東 道のきのくに花街道

ariskiga.exblog.jp
ブログトップ

台風一過、庭の花と収穫

 台風11号が居座り、大雨をふらせ通りすぎました。改めて日本列島は台風が多い国だと実感しています。今回は四国と紀伊半島を通過、川の多い和歌山県の熊野川など各地に被害をもたらしました。 
 18日朝、ようやく晴れ間が見えはじめました。ガラス越しにヒオウギの花が見えたのですくにカメラにおさめました。 ヒオウギはヌバタマとも呼ばれ万葉歌として知られていますが、最近は少なくなりました。1年草なので種がうまく落ちて芽をだしてくれるかと、毎年花が咲くまで気になります。 
 この花は数年前、馬場吉久さんが全国万葉ネットの方から送って下さったのを分けていただきました。
b0326483_12284200.jpg
  ミソハギも咲き揃いました。
b0326483_12284926.jpg
  ミズヒキソウです。紅白だと良いのですが、我が家のは赤色です。
b0326483_12290002.jpg
 アセビです。万葉歌があります。

 「鴛鴦(おし)の住む 君がこの山斎(しま) 今日(けふ)見れば あしびの花も 咲きにほえるかも」 (巻20・4511 御方王(みかたのおほきみ))

 「おしどりが住むあなたのこの庭園を今日みるとあしびの花も咲いていることだ」という意味です。(紀伊万葉ネットワーク『万葉草木花』より
b0326483_12290232.jpg
 本日の収穫です。
b0326483_12290440.jpg

by kigaaris | 2015-07-19 12:58 | 花のある風景 | Comments(0)