東 道のきのくに花街道

ariskiga.exblog.jp
ブログトップ

大雲取超えにいどんだシニアたち 円座石から小口へ

 円座石(わろうだいし)は10年ほど前に来た時とはすっかり様子が違っています。誰かが苔をぬいてしまったのだそうです。世界遺産の草木を勝手に抜いてはいけません。
b0326483_21382619.jpg


 標識があります。「石に刻まれた梵字は、右が阿弥陀仏(本宮)、中央が薬師仏(新宮)、左が観音仏(那智)を表し、熊野の本地仏の表現であるが製作の年月はわからない。「円座(わろうざ)」とは、わらやいぐさ等を丸く編んだ敷物のことだが、石の上面の模様がそれに似ていることから、この名が付けられたといわれている。熊野三山の大神の「御茶屋所」(『続紀伊風土記』)とされたためか、三山の神々がここに座って談笑したとの伝えものこる。」だそうです。
 現在17時3分。そろそろ日が暮れそうです。

b0326483_21383156.jpg

 可愛い花です。まわりの葉にごまかされそうですが、すみれです。

b0326483_21383318.jpg


 円座石から小口まで800m、下り坂ですか、これまでの急な石の坂道に比べれば歩きやすい道でした。ようやく小口に到着です。

b0326483_22072285.jpg
 全員無事に小口に着きました。赤木川にかかる橋からの景色がひときわ美しいと感じます。17時18分。予定より1時間遅れての到着です。
 皆さん、全員が無事に歩けたことを喜びあいました。熊野の神々と那智であったお坊さん、そして誰よりも今回案内して下さった新宮の語り部の玉置さんに感謝です。途中、体調の悪い人がいて、リュックと中身を持っていただいた柏木さん、楠川さん、錦戸さん、皆さん、有難うございました。
 身体はくたくたですが、ひとつ大きな目的を果たしたような充実感にひたりながら帰路につきました。バスの中で誰かが「また来たい!」と言いました。同感です。
b0326483_22072593.jpg

[PR]
by kigaaris | 2015-05-28 22:53 | KIGA・熊野古道歩こう会 | Comments(0)