東 道のきのくに花街道

ariskiga.exblog.jp
ブログトップ

大日超え(本宮から湯峰温泉へ)-5

b0326483_20151810.jpg
 湯峰温泉のつぼ湯です。室町の頃、小栗判官が毒酒をのまされて餓鬼阿弥(がきあみ)の姿で地獄から現世に戻るが、妻の照手や修験者たちに助けられてこの湯峰温泉にたどりつき、49日目で元の姿に戻ったという話が伝わっています。全国各地に伝わる小栗伝説を集めた本『小栗判官物語』が、この地に住み、親子2代に渡って研究された「小栗屋」さんこと、安井理夫先生により最近出版されました。
 熊野信仰は貴賎を問わず、身分を問わず、どのような宗教の人も受け入れたことを象徴する話です。湯峰温泉にはハンセン氏病の人にための湯場もあったそうです。
 ダル、ヒダル、餓鬼阿弥など、熊野は黄泉国(よみのくに)と現世とが交錯する幽玄の世界という考えが根底にあるようです。
 劇団KCMでは平成23年、24年の2回、ミュージカル「小栗判官ものがたり」を海南市と和歌山市で公演しました。
b0326483_20152492.jpg
   川の中に温泉がわき出る箇所があり、温泉卵ができます。
b0326483_20152123.jpg
 いつ来ても懐かしい風景がまっている湯峰温泉です。一行はこのあと(当然)温泉に入って車中の人となりました。
 5月のKIGA熊野古道歩こう会はお休みさせていただき、6月にはまた大辺路を歩く予定です。私もそれまで体力維持に努めます。
 
[PR]
by kigaaris | 2014-04-29 20:45 | KIGA・熊野古道歩こう会 | Comments(0)