東 道のきのくに花街道

ariskiga.exblog.jp
ブログトップ

大日超え(本宮から湯峰温泉へ)-4

b0326483_19421520.jpg
  湯峰王子社近くの桜です。山の中で見る桜はとりわけ美しく、感動します。
b0326483_19214916.jpg

  湯峰王子社に参拝して、今日も1日、無事に歩けたことに感謝です。

  湯峰は熊野本宮大社と縁がふかく、13世紀の『熊野曼荼羅』に「湯峰金剛童子」の姿が描かれている。また正中3年(1326)の『熊野縁起』には『湯峰童子権現』とある。この王子は温泉から噴出した硫黄が固まってできた薬師如来を本尊とする東光寺と隣接した王子であり、本宮大社の祭りに欠かせない「湯登神事」として連綿と受け継がれたきた。
b0326483_19215658.jpg
「湯峰に今日はあるなり花盛り」高浜虚子先生の句です。説明板によれば、昭和8年4月9日、熊野に来られ、10日、那智山に参詣し「神にませばまこと美はし那智の滝」と感動され、11日に本宮に宿泊されたそうです。80年ほど前の4月、虚子先生が見て感動されたのは、やはり桜だったのでしょうか?

[PR]
by kigaaris | 2014-04-29 20:09 | KIGA・熊野古道歩こう会 | Comments(0)