東 道のきのくに花街道

ariskiga.exblog.jp
ブログトップ

奥がけ修験道者のみち・玉置神社へー1

 4月3日、KIGA熊野古道歩こう会のメンバー29名は玉置山の頂上を通って玉置神社へ参詣し、そのあと大日越えに挑みました。予報では午後から雨でしたが、幸い1日良い天気に恵まれ、玉置山を下山したあと、本宮大社の近くの大日越え登山口から湯峰王子までを元気に歩くことができました。
 朝7時30分JR和歌山駅をスタート、貸切バスで十津川温泉の駐車場まで約3時間半、そこで地元の小型バスと乗り換えました。玉置山への道が狭くて大型バスが通れないためです。玉置山の駐車場着に11時25分着、そこでまずお弁当を頂くことに。途中、神社の境内での食事は失礼だろうという配慮からなのです。
 約4時間かけて玉置山へのバス旅行です。おりしも桜の開花の季節、道中、桜を満喫しながらの旅となりました。
 中辺路の道の駅でトイレ休憩。ここにも桜!と思いしや、この花は桜ではなく「こぶし」とのこと。「北国の春」ではなくて南国和歌山にも「こぶし」は咲いていました。
 
b0326483_00443923.jpg
 「こぶし」ってこんな花です。可愛い花ですね。
b0326483_00444227.jpg

 トンネルを抜けると熊野川にであいます。熊野川は南へ向かうと新宮へ、北へ向かうと吉野川に流れ、紀ノ川の源流となっています。旧本宮大社が鎮座していた大斎原は、熊野川、音無川、岩田川の3つの川が合流し、参詣者たちが禊をしながら入ることから「濡れわらじの入道」を呼ばれる聖なる川なのです。
b0326483_00445607.jpg

 やがて道路は十津川温泉街にはいります。 ここでも満開の桜が迎えてくれています。
b0326483_00452260.jpg

 ようやく十津川温泉の駐車場へ着きました。山間の広い駐車場です。ここで皆さんとストレッチ体操をしました。
b0326483_00453289.jpg

 

[PR]
by kigaaris | 2014-04-04 17:52 | KIGA・熊野古道歩こう会 | Comments(0)