東 道のきのくに花街道

ariskiga.exblog.jp
ブログトップ

寒風の中、大辺路の富田坂を歩きました。

 いまのように道路網が発達していない時代、古道は官道でした。馬で伝令を伝えた為、各地に伝馬所がありました。今の郵便局のような役割でしょうか。近くに馬谷城跡があり、地元の豪族の山城であったそうです。富田坂は七曲坂とも言われ、つづら折れの急な登り坂が続きます。七曲坂を上りきった辺りの右手に白浜空港が見える所がありました。
b0326483_19160707.jpg

 まだまだ登り坂は続きます。足元は石ころが多く、うっかりすれば足を取られそうです。ようやく峠の茶屋跡に来ました。
b0326483_19171617.jpg


 もう登り道は終わりですか古道の脇に古びた小さな石仏が立っています。頭の部分が欠けていてあとからくっ付けたのでしょうか?

b0326483_19231289.jpg
 
[PR]
by kigaaris | 2014-03-09 19:01 | KIGA・熊野古道歩こう会 | Comments(0)